原付のファミリーバイク特約とは?値段や補償金額を任意保険と比較!

ファミリーバイク特約とは125cc以下のミニバイクや、原付バイクにのみ有効となる自動車保険の特約を指します。

この特約は例えばバイクの運転中に事故を起こしてしまい、他人を死傷させたり物を壊してしまったりした時に保険金が支払わられる特約で、任意のバイク保険よりも安く収まる傾向にあるとされています。

今回はファミリーバイク特約について紹介したいと思います。

ファミリーバイク特約に入る前提条件

このファミリーバイク特約を使用する前提条件としては、バイクを運転する本人や同居している家族が任意の自動車保険に加入している必要があります。

また、婚姻歴のない未婚の子供がバイクを運転する本人の場合には、自動車保険の被保険者が親ならば特約を付けることも可能となっています。

 

ファミリーバイク特約の値段は安い

このファミリーバイク特約のメリットを挙げるならば保険料の安さになると思います。

一般的にバイクの任意保険には等級制度があって、最初は割り引かれる額も小さく、年齢も16〜20歳と若い場合には年齢条件も重なることで支払う保険料は年間で10万円超と高額となります。

しかし、ファミリー特約を利用すると年間の保険料を7千円〜3万円前後と大幅に抑えることが可能となるのです。

また保険料と同様に気になるのが、万が一の時の補償の面だと思います。

一般的な任意保険と補償金額を比較

バイクの任意保険よりも大幅に保険料が安くても、補償内容も同様に大幅に抑えられていると安心してバイクに乗る事が出来ないと思いますので、バイクの任意保険とファミリーバイク特約の中身を比較してみたいと思います。

一般的なバイクの任意保険の補償内容を羅列すると
対人賠償・対物賠償 無制限
自損事故 1500万円
無保険車傷害 2億円
搭乗者傷害 500万円
人身傷害補償 1000万円
となっていて、人身傷害補償を別途付帯すると保険料は更に高くなります。

これに対して、ファミリーバイク特約の補償内容を羅列すると
対人賠償・対物賠償 無制限
自損事故 1500万円
無保険車傷害 2億円
搭乗者傷害 補償なし
人身傷害補償 1000万円
となっていて、実際には自損事故タイプか人身傷害補償タイプかのいずれかを選択する契約となり、人身傷害補償タイプの方が特約保険料はアップしますが、相手の有無に関わらず自身のケガの補償されます。

この両者を比較すると搭乗者傷害以外に大きな差がないことが分かると思います。

それでいて保険料はバイクの任意保険は年齢・等級・補償内容によっては年間10万円前後となり、ファミリーバイク特約は自損事故タイプなら8千円前後、人身傷害補償タイプなら3万円前後となることを考えると、ファミリーバイク特約がお得な保険なのかが分かると思います。

また、ファミリーバイク特約のメリットとしては他にもバイク事故で特約を使用しても等級に影響することが無い点や、125cc以下なら借りたバイクで事故を起こしても補償されますし、何台持っていたとしても補償可能となっている点があります。

 

ファミリーバイク特約のデメリット

このように優れた特約であるファミリーバイク特約ですがデメリットも存在しています。

その中でも最も大きなものとしては10年以上バイクを使用するならば、等級による割引きの効果が得られないファミリーバイク特約よりも、通常のバイクの任意保険の方が安くなる場合があるという点です。

また、125ccより大きなバイクは加入出来ず、自動車保険をやめてしまうと特約もなくなってしまいます。

 

まとめ

125cc以下のバイクに乗っていて、手軽な金額で保険に加入したいと考えている人にはファミリーバイク特約は有効な保険になります。

しかし、長期で契約を考えているならば任意のバイク保険の方が安くなる可能性があるので、利用状況を考えて加入を検討してほしいと思います。

次の記事へ↓

コメントを残す