原付の任意保険の加入率はたったの○%!入らないで事故するとやばい


日常の便利な足として活用される原動機付自転車は、普段から通勤や通学などに利用される方も多いことでしょう。

大型のバイクや自動車などと違い、自転車に近い感覚で運転している人も多くいます。

しかし、実際に自動車とほとんど同じスピードで運転をしている人が多くいます。

原付バイクであったとしても、事故のリスクはバイクや車とあまり変わりはありません。

事故を起こした時のリスクはバイクや車と同様にあるにも関わらず、加入が義務付けられている自賠責保険すら期限が切れてしまっているものも見かけます。

任意保険の重要性についてお話しします。

原付の任意保険の加入率は?

任意保険の加入率も低く損害保険料算出機構によれば、おおよそ30%前後の付帯状況となっています。

人口の多い大阪府などでは、自転車の運転についてさえ賠償補償を付帯することを条例で決めています。

この背景には、任意保険なしで事故を起こしてしまった時の対応の重要性があります。

原動機付自転車に限った話ではありませんが、交通事故を起こした場合に備えておくべき保障の内容は主に4つです。

相手方の体に対する損害、相手方の物に対する損害、ご自分の体の損害、相手方との交渉や裁判のための費用と手間です。

原付バイクを運転するためには自賠責保険への加入が義務とされていますが、この自賠責保険で対応することができるのは相手方の身体に対する損害の一部に限られます。

怪我をさせたときには120万円、 後遺症が残ったときに最高で4000万円、 死亡させたときに3000万円。

この保障内容は万が一のとき、あなたを十分守ってくれるでしょうか。

 

任意保険に入らないとほぼ賠償金が払えない

任意保険に入らないとほぼ賠償金が払えない

過去の裁判例を元に、万が一の賠償額をみていきます。

平成23年の裁判例として開業医が死亡したケースがあります。

認定された損害額は合計で5億2853万円です。

この例をみて、金額が高いのは年収が高い開業医だった特殊なケースと考える方も多いかと思います。

しかし21歳の男子大学生が後遺障害を負ったケースで3億9725万円、29歳の男性会社員が同じく後遺障害を負ったケースでは3億8281万円の高額な賠償命令が下されています。

このような賠償をしなければならないとき、自賠責保険の上限額では全くと言っていいほど金額が足りません。

自賠責保険で支払われる金額は自分自身で負担しなければならず、多くの方については生活が破綻してしまうことでしょう。

自賠責保険で対象となるのは相手方への体に関する損害だけなのです。

万が一、ご自身が重症を負ってしまったり、死亡したり、後遺障害を負った場合には自賠責保険では全く備えることができないのです。

任意保険の重要性

バイクは生身で乗るものです。

万が一事故がおきたとき、ご自身が怪我をしないと言い切れる人はいないと思います。

また、示談交渉は非常に手間と時間がかかります。

専門的な知識も必要となるため、ご自分で交渉を行う方は少数です。

仕事や日々の生活に大きな影響があることから、弁護士などの専門家に依頼をすることとなるでしょう。

弁護士と聞けば、高額な報酬が必要になるかと考える方が多いかと思います。

そのとおり、費用の負担が問題となります。

1000万円程度の賠償金の回収には成功報酬10%の良心的な価格設定でも100万円以上の費用が必要となります。

なお、この手の情報は、インターネット上にいくらでも弁護士によるホームページが開設されていますので、参考になさってください。

原付バイクに乗る場合についても、任意保険を付帯しておくと、万が一の時、自分や家族の生活を守ることにつながります。

原付バイク単独で任意保険に入る時でも、年間数千円の保険料で加入をすることができますし、自動車を保有していて自動車保険に入っていれば、ファミリーバイク特約を選択すれば単独で加入をするのに比べて、とても安い金額で補償をつけることもできます。

自賠責保険で補償されない範囲の保証を用意するのと併せて、示談交渉のサポートを受けられる場合もありますので、是非任意保険への加入を検討してみてください。

 

原付の任意保険についてのまとめ

日常の便利な足であり、身近な乗り物である原付バイクですが、万が一の時には、ご自身と家族の生活を破綻させる危険な乗り物なのです。

交通事故にあったことがない方が多数派とは思いますが、交通事故は突然生活を侵してきます。

任意保険は、年間で安くて1万円程度から加入でき、月々で考えれば毎月1,000円もかかりません。

しっかりとした備えをした上で、便利に活用したいものです。

 

■合わせて読みたい

原付の任意保険の値段と相場は?コンビニで申し込み可能?

原付のファミリーバイク特約とは?値段や補償金額を任意保険と比較!

次の記事へ↓

コメントを残す