原付の2サイクルと4サイクルの違いは?特徴を分かりやすく解説!


原付乗りや、これから原付を買おうと思っている方は、一度は「2サイクル」「4サイクル」という言葉を聞いたことがあると思います。

しかし、「2サイクル」「4サイクル」の意味をよく理解していない人は多く、自分が乗っている原付が、「2サイクル」「4サイクル」のどちらか分からないまま乗っている人も多いと思います。

2サイクルと4サイクルが全くわからない方でもわかるように、2サイクルと4サイクルの違いと特徴をご説明します。

2サイクル・4サイクルの違い

2サイクル・4サイクルは他にも「2スト・4スト」、「2st・4st」とも呼ばれ、「2サイクルエンジン」「4サイクルエンジン」の略のことで、エンジンの構造の違いを指しています。

違いを簡単に説明すると、

2サイクルは、エンジンの1回の動作が、2工程。

4サイクルは、エンジンの1回の動作が、4工程。

という違いになります。

 

詳しいエンジンの仕組みはこちらの記事を参考にしてください。

【2サイクル・4サイクル】原付のエンジンの仕組みを詳しく解説!

 

2サイクルの特徴

2サイクルの特徴

2サイクルエンジンの特徴をメリットとデメリットに分けて説明します。

 

2サイクルのメリット

・4サイクルよりも速い

加速がとても良く、スタートダッシュなら原付2種に匹敵するほどの加速力があります。

・4サイクルよりパワーがある

パワーがあるため坂道・山道もスイスイ登ることができます。

・オイルは足すだけなので簡単

意外と面倒なオイル交換はしなくて良く、少なくなったら補充するだけで済むので、メンテナンスの手間が省けます。

 

2サイクルのデメリット

・4サイクルに比べると排気音が大きい

新しい型の2サイクル原付はそこまでうるさくはありませんが、少し前の型になると排気音が大きいです。

昼間であれば、そこまで気になりませんが、夜になると意外と響くので、住宅街などを運転する際は注意が必要です。

・排気ガスの量が多い

自分では気付くことが少し難しいですが、マフラーから出る煙の量が多いです。

・燃費が悪い

4サイクルに比べると、燃費が悪いものが多いです。

ものによっては燃費が倍くらい違うものもあります。

 

4サイクルの特徴

4サイクルも2サイクルと同じように特徴をメリットとデメリットに分けて説明します。

 

4サイクルのメリット

・安定した走りができる

加速もなめらかで、走行時の速度のムラも少なく、安定した走りをすることができます。

・燃費が良い

燃費が良いものが多く、最新の原付は50km/l以上走るものがほとんどです。

・排気ガスが少ない

4サイクルエンジンはもともと排気ガスの量が少ないつくりですが、最近はさらに排気ガス規制が強化され、排気ガスがあまりでない作りになっています。

環境のことを考えるなら4サイクルをおすすめします。

 

4サイクルのデメリット

・2サイクルに比べると遅い

2サイクルに比べると加速が少し劣ります。スピードを求める人には不向きです。

・オイル交換が面倒

2サイクルのオイルは足すだけに比べると、オイル交換が面倒です。

お金はかかりますが、ガソリンスタンドやバイク屋に持って行けば1,000円から2,000円オイル交換をしてくれます。

 

オイル交換の方法はこちらの記事で紹介しています。

原付のオイル交換のやり方!頻度や時期の目安は?

 

2サイクルと4サイクルどちらがいいの?

どちらがいいの?

簡単に言うと、

速いバイクに乗りたい!という方は2サイクル。

乗れればなんでも良い!という方は4サイクルをおすすめします。

ただ最近は、環境への配慮や排気ガスの規制が厳しくなっていることもあり、新しいバイクはほとんどが4サイクルエンジンです。

ですが、中古のバイクなどを探せば、2サイクルエンジンもたくさんあり、2サイクルの方が安いことの方が多いです。

あまりこだわりがなく、どっちでもいいやと思った人でも、オイルの交換の仕方などが変わってきますので、購入する際は、2サイクルか4サイクルかを確認するようにしてください。

オイルを間違って入れると故障の原因になりますのでご注意ください。

次の記事へ↓

コメントを残す