バイクの空冷・水冷エンジンの違いは?メリットデメリットを比較

バイクのエンジンを冷却する方法には大きく分けて、空気で冷却する「空冷エンジン」と水で冷却する「水冷エンジン」の2種類が存在します。

この両者の違いについて説明したいと思います。

空冷エンジンと水冷エンジン

 

空冷エンジンとは

空冷エンジンはその名前の通り走行風といった空気の流れを使用してエンジンを冷却する方法を指します。

 

水冷エンジンとは

水冷エンジンはシリンダーやシリンダーヘッドといったエンジン内部に冷却水用の通路を用意することで、冷却水にエンジンの熱を吸収させて冷却させる方法を指します。

 

空冷エンジンのメリット・デメリット

空冷エンジンの最大のメリットは水冷エンジンのようにエンジン内部に冷却水を通すための複雑な構造を必要としないので、構造が単純となり製造コストを安く抑えられる点にあります。

また、空気の力を使用してエンジンを冷却することから、エンジンに風が当たる面積を最大限に増やすためにシリンダーの周囲に羽根状の空冷フィンを多数設置するのですが、この空冷フィンが作り出す独特な雰囲気に魅了されるライダーも多いです。

このように空冷エンジンは軽量化とルックスに大きなメリットがある一方、様々なデメリットも存在しています。

大きなデメリットとしては空冷式のエンジンは主に走行風を利用してエンジンを冷却するので、渋滞にはまってしまうなど動けない状況が続くとエンジンの熱は上昇する一方となり、安定して冷却することが出来る水冷式と比べると冷却効率が悪くなる点です。

水冷エンジンのメリット・デメリット

水冷エンジンの最大のメリットは空気ではなく水を使用するので冷却効率が高く、エンジン温度が上昇しがちな夏場でもエンジンの温度を低く抑えられる点にあります。

その為、空冷エンジンでは採用が難しいような高性能のハイパワーエンジンでも均一に冷却することが可能で安定した性能を発揮することが出来るのです。

また、空冷エンジンのように冷却フィンを必要としないので見た目をスッキリとさせたり、エンジンを水で包んでいることからエンジンが発する音を水が減衰してくれるので騒音面でも有利となります。

このようにエンジンの高性能化に大きなある水冷エンジンですが、空冷エンジンと比べるとデメリットも存在しています。

大きなデメリットとしては水冷エンジンではエンジン内部に冷却水を通す通路が必要があるので、空冷エンジンと比べると構造が複雑となるので重量が増してしまう他、製造コストが高くなってしまうという点です。

 

まとめ

エンジンの絶対的な性能や安定面では水冷エンジンが確実に優れていると言えますが、それだけではバイクの魅力を語れないことも事実です。

基本設計の古い空冷エンジンが今もなお多くのライダーを魅力しているのは、空冷エンジンにはバイクの魅力を表現する味のような物が存在しバイクの魅力の原点を示しているからです。

その為、空冷・水冷エンジンのどちらが良いかという答えは存在しておらず、ライダーが乗り比べて自分なりの好みを見付けることが楽しみだと思います。

次の記事へ↓

コメントを残す