原付のキックのやり方とエンジンがかからないときのコツ!


原付バイクに乗っていて、急にセルでエンジンがかからなくなったという経験は多くの方がされると思います。

特に暑い夏や寒い冬などは、セルでエンジンがかかりにくくなります。

そんな時に試してみるのが、キックスターターです。

ほとんどのバイクにはキックスターターがついており、キックでエンジンをかけることができます。

しかし、キックスターターに慣れていない方は、なかなかエンジンがかからず苦労されると思います。

特に朝など、時間がない時になかなかエンジンがかからなかったら、最悪ですよね。

キックスターターには少しコツがいり、一度をコツをつかんでしまえば、次からすんなりとエンジンをかけることができます。

また、それでもキックスターターでエンジンをかけることができない場合は、原付バイクのどこかにエンジンがかからない原因があります。

今回は、原付のキックスターターのやり方やコツ、エンジンがかからないときの原因と対処法について紹介していきます。

原付のキックのやり方とコツ

原付のキックのやり方とコツ

原付バイクのキックスターターは、主に原付のバッテリーが低下して、エンジンがかかりにくいときに使用します。

やり方自体はとても簡単に行うことができます。

 

まずは、メインスタンドを立ててブレーキロックレバーで後輪ブレーキをロックさせ、イグニッションをオンにします。

最後にスロットルを回さずに、キックスターターペダルを勢いよくキックします。

このようにするとエンジンがかかって運転することができるようになります。

キックスターターを行うときも、セルでエンジンをかける場合と同様に、ブレーキをかけた状態にしてエンジンをかけるようにすることを忘れないようにしてください。

ブレーキをかけておかなければ、安全機構の関係でエンジンがかからないからです。

また、アクセルも元気よくふかせる必要もあります。

ふかさなければエンジンが始動するのは難しいので、ためらわずにしっかりふかすようにしてください。

その時に、誤って発進してしまわないように、安全に考慮してブレーキを離さないようにもしておくべきです。

 

コツとしましては、一気にキックペダルを踏み、アクセルも同時に回すことです。

自分の経験上だと、セルスイッチを押しながらキックすると、エンジンがかかりやすかったです。

キックでエンジンがかからないときの原因と対処法

原付をキックをしてもエンジンがかからない場合は、キックスターターのギアやシャフト部分が錆びついて固着してしまったことが原因だと思えます。

応急処置としては、バイク用の潤滑スプレーを使用して錆を落とすことです。

また、バッテリーの電圧が完全に弱りきってしまっていることで、キックでもエンジンがかからない場合があります。

そのようなときは、原付バイクのバッテリーを交換する、充電するなどの対処が必要になります。

 

また、バッテリーが原因でエンジンがかからない場合には、バッテリージャンプというエンジンを始動させる方法があります。

これは、車などの電源から原付バイクのバッテリー部分にジャンプケーブルというものをつなぎ、他の電源を利用してエンジンをかける方法です。

バッテリーが原因だとわかっている場合は、試して見ましょう。

 

■合わせてチェック

原付のバッテリー交換・充電の時期とやり方!自分で値段を安く

 

原付のキックについてのまとめ

原付のキックスターターは、最初の方は何回してもエンジンがかからないことが多いですが、慣れてしまえば一発でエンジンをかけることができます。

そのため、時間がない朝などにセルでエンジンがかからなくなってしまったときに、すばやくキックでエンジンが始動できるように、普段から練習しておくことをおすすめします。

また、キックスターターでエンジンをかけることができるのは、便利な方法とも言えますが、キックスターターでしかエンジンがかからなくなっているならば、原付の調子が悪くなってきていると言えるので、バイク屋さんに行って見てもらうのが良いと言えます。

原付の調子がずっと悪い状態で乗っていると、後に大きな修理が必要になってくることもあるので、時間があるときに早めにバイク屋さんで見てもらい、修理することをおすすめします。

 

■合わせて読みたい

原付エンジンがかからないときは?キックも?修理前に試す5選

原付のセルとは?エンジンがかからないときの原因と対処法も紹介!

次の記事へ↓

コメントを残す