バイクのパンク修理の値段は?ガソリンスタンドや自分でも出来る!

バイクに乗って入ればパンクすることがあると思います。

パンクすれば、もちろんパンク修理をしないといけませんが、パンク修理にいくらかかるかご存知でしょうか。

タイヤの種類や、バイク屋で修理してもらうか、ガソリンスタンドで修理してもらうかで値段は変わってきます。

もちろん自分パンク修理することもできます。

今回は、パンク修理の値段とパンク修理の方法についてご紹介します。

バイクのパンク修理の値段

バイクのタイヤは主に2種類に分類されます。

1つは自転車のタイヤのようにチューブが入っているチューブタイプ、そしてもう1つはチューブが使用されていないチューブレスタイプです。

どちらかというとチューブタイプのタイヤのほうがパンク修理が難しくなります。

また最近のバイクの多くにはチューブレスタイプのタイヤが使用されているために、チューブタイプのパンク修理用具はレアです。

このような理由により、チューブタイプのタイヤのパンク修理にかかる値段は少し高めになります。

それに対してチューブレスタイプのタイヤの場合はパンク修理が比較的簡単であるために、チューブレスタイプの値段は2,000円程度チューブタイプの値段は3,000円から4,000円程度であるのが一般的です。

 

ガソリンスタンドのパンク修理

ガソリンスタンドのパンク修理

ガソリンスタンドでバイクのパンク修理を行う場合、バイク屋さんに比べると値段が若干高くなることがあります。

一般的にはチューブタイプの修理費が3,000円から6,000円程度、そしてチューブレスタイプの修理費が2,000円から3,500円程度であるとされています。

多くのガソリンスタンドではチューブタイプ、そしてチューブレスタイプの両方のパンク修理を行っています。

しかし中にはチューブタイプのパンク修理を行っていないところもあります。

上記でも触れたようにチューブタイプのパンク修理はチューブレスタイプのものに比べると難しいために、このような作業をあえて行わないようにしているところもあるのです。

自分でパンク修理

バイクのパンクを自分で修理することも可能です。

チューブレスタイヤの場合、修理キットがあれば比較的容易に行うことができます

 

まずはパンクの原因を取り除くことから始めます。

釘などが刺さっていたらそれを取り除くようにし、何も見当たらなければタイヤに石鹸水を塗り、空気を入れて泡が発生する場所を見つけるようにします。

最近では自転車の空気入れでもバイクのタイヤに使用できるものがあるために、このようなものを使用します。

 

次にパンク修理キットについてくるドリルのようなものに付属の接着剤を塗り、それをタイヤの穴に差し込みます。

このようにすることで穴の断面の凹凸がなくなり、尚且つ接着剤がそこに塗られることになります。

その後付属している充填剤に接着剤を塗り、それをパンクの穴にはめ込んでいきます。

このときも専用の工具を使うことになるわけですが、かなり力強く充填剤を押し込んでいかなければなりません。

恐らくバイクタイヤのパンク修理の中でもこの作業が一番大変だと思います。

充填剤は全て埋め込む必要はありません。

タイヤの穴を十分に塞げたら外に飛び出ている余りの充填剤をカットします。

このときタイヤギリギリでカットするのではなく、充填剤が少しタイヤからはみ出している程度の長さにカットするのがお勧めです。

接着剤は比較的すぐに乾きます。

そのため修理から1時間もすればバイクに乗ることができます。

しかし完全に乾くまでには1日程かかることもあるために、修理直後の無理な運転は避けるべきです。

 

まとめ

パンク修理の値段は高くても5,000円以内で収まると思います。

しかし、タイヤがダメに立っている場合は、タイヤ交換をしないといけないので、もっと高くなります。

パンクを放置して乗り続けていたら、タイヤ交換せざるおえなくなる場合がありますので注意しましょう。

パンク修理の費用を抑えたい方は、そこまで難しくないので自分でやってみるのも良いかもしれません。

ぜひ参考にしてみてください。

次の記事へ↓