バイクのハンドルカバーは危ない?安全に使う方法とおすすめを紹介!

雨風をしのげるハンドルカバーはとても便利で、特に冬には寒さから身を守るため、非常に人気があります。

しかし、ハンドルカバーはとても危ないと言われており、十分に注意して使用する必要があります。

そのためにもハンドルカバーがなぜ危ないのか、そして、安全に使う方法をを知る必要があります。

また、ハンドルカバー以外にも雨風をしのぐことができる方法をご紹介します。


ハンドルカバーは危ない?

バイクのハンドルカバーは雨や冬の寒さをしのぐために大変便利です。

グリップヒーターと併用することにより、手袋がいらないほどです。

しかし、その便利さと裏腹に重大な危険性があります。

ほとんどのハンドルカバーは、バイクとハンドルの一体化しているため手をすぐ抜くことができない構造となっています。

これがハンドルカバーが危ない最大の原因です。

そのためバイクの転倒時にハンドルカバーによって体がバイクを体から離すことができずバイクと一緒になって転倒してしまいます。

これは大変危険なことであり、場合によってはそのまま崖に落ちてしまうということがあります。

もちろん街中での使用なら安全かと言えばそういうことはありません。

反対車線に飛び出てしまい対向車にひかれてしまうという危険が潜んでいます。

このようにハンドルカバーは雨や冬をしのぐための大変便利な装備ですが、このような大変危ないものでもあります。

そのため、私はハンドルカバーをすすめることはありません。

それではハンドルカバーを安全に使う方法を考えてみたいと思います。

ハンドルカバーを安全に使う方法

ハンドルカバーを安全に使う方法 ハンドルカバーを安全に使うためには、上記の危険性を十分認識する必要があります。

その危険性を十分に認識した上で、ハンドルカバーに様々な工夫を施す必要になると考えられます。

例えば、転倒時に素早くハンドルカバーから手を抜けるように大きめな物を付けたりする必要があるでしょう。

またハンドルカバーにはクラッチやブレーキの操作がしづらくなるという危険も潜んでいるため、穴を開けるなどの改造をする必要もあります。

このようにハンドルカバーを安全に使うためには様々な工夫が必要となります。

そのため結論を言うと、ハンドルカバーをそのまま安全に使う方法というものはないのではないでしょうか?

使えたとしても50ccの原付スクーターで使用すること以外は厳しいと言わざる終えません。

30km以上の速度では、事故を起こした際の危険性も増加するからです。

それではハンドルカバー以外に手を雨や冬の風の寒さから守る方法を紹介したいと思います。

ハンドルカバー以外のおすすめ

ハンドルカバーの代わりに手を雨風から守る方法で、一番簡単な方法は冬用のバイクグローブを使うという方法があります。

バイクの冬用グローブは冬の寒さに耐えられるように作られている上にバイクの操作を容易にするための工夫がされてします。

グリップヒーターも有力な候補となります。

グリップが発熱するので、薄めのグローブでも手が温かくなります。

問題点は薄めのグローブをしなければ温かさも手に伝わらないということです。

その冬用グローブとグリップヒーターのこの2つを併せ持った商品も存在します。

それは電熱グローブです。

グローブの中に電熱線が入っていて、グローブの中を温めてくれるというものです。

これが一番の私のおすすめです。

 

ただ、残念な所はバッテリー容量の関係でロングツーリングには使えないということです。

毎日の通勤には問題なく使えますので、是非ご検討してみてください。

ロングツーリングの際には冬用グローブとグリップヒーターの組み合わせが最適です。

 

まとめ

ハンドルカバーはその構造上すぐに手を抜くことができないため、そのままバイクと一緒に転倒してしまうなどの危険性があります。

安全に使うために、大きいサイズを選んだり、穴を開けたりとできる工夫がありますが、それでも使用する際には十分に注意が必要です。

ハンドルカバー以外にもグローブやグリップヒーターなど雨風をしのげる商品はたくさんありますので、そのような商品を使用することをおすすめします。

ぜひ参考にしてみてください。


コメントを残す