バイクで高速道路を走行するには排気量何ccから?二人乗りの条件は?

バイクでツーリングや移動手段等で高速道路を走行する人もいますが、高速道路には一般道路と違った様々なルールが設けられています

もちろんルールを破ってしまえば道路交通法違反で捕まってしまいますので、普段、高速道路を走らない人は高速道路のルールを理解しておく必要があります。

また、高速道路を一般道路感覚で走ると、そのスピードゆえに普段とは感覚がずれ、事故を起こしてしまう可能性もあります。

上記のようにならないためにも、高速道路のルールと高速道路を走る上での注意点をご紹介します。


バイクで高速道路を走行するには排気量何ccから?

高速道路・自動車専用道においては、125cc以下のバイクは走行できません

125ccを超えるバイクから走行できるようになりますので、一般的な市販車で言えば250ccからですが、126ccでも高速道路を走行することはできます。

 

そして、高速道路での法定速度は100kmです

ただし法定速度は100kmでも、高速道路によって制限速度というものがありますので、「80」というような標識がある場合では、制限速度は法定速度よりも優先されるので、法定速度100kmのバイクでもこの「80」の標識があるところでは制限速度の80km以内で走行しなければいけません

 

二人乗りの条件は?

二人乗りの条件は?

一般道では、道路交通法で定められている自動二輪車に関して、大型二輪・普通二輪・小型限定普通二輪のいずれかの免許を持っている人について、免許を受けていた期間が合計1年以上の条件を満たしている場合にのみ、二人乗りが出来ます。

高速道路での二人乗りについては、運転免許を受けた合計が3年以上、そして20歳以上であるという条件を満たさなければ二人乗りをすることが出来ません。

ちなみに、年齢制限に関しては同乗者の方は、20歳以下でも問題ありません

万が一、高速道路での二人乗りの違反をした場合の罰則は、違反点数が2点、反則金は12,000円です。

条件を満たしている場合でも、首都高の一部では現在も二人乗りが禁止されているエリアがありますので、どのエリアが二人乗り禁止なのかをきちんと把握しておく必要があります。

バイクで高速道路を走行するときの注意点

高速道路での走行は一般道路で走行に比べるととても危険であり、一般道路での走行と同じような感覚で走行すると事故を起こす危険性があります。

高速道路で事故を起こしてしまえば、一般道路と事故を起こすのと訳が違いますので、十分注意が必要になります。

・横風

走行中については、横風対策をとることに注意です。

高速走行中のバイクは特に軽く感じられ、横風の突風には非常に弱いため、速度を落として走行することを心がけるようにした方が良いです。

・スリップ

雨など天候によって路面がスリップしやすいことがありますので、急なハンドル操作を行わずに済むようにカーブやサービスエリアの入り口などでは適度に速度を落とすことを心がけましょう。

・すり抜け

バイクのすり抜けに関しては、高速道路で渋滞になると本道は走行しにくいのですが路肩はがら空きということもよくあります。

それで車も路肩から渋滞をすり抜けする人もよく見かけますが、バイクでも同じく路肩走行ですり抜けしようと思う気持ちもあるかと思いますが、路肩走行自体が違法となります。

路肩というのは、危険回避の臨時的な走行レーンということを覚えていた方がいいです。

救急車など緊急車両しか走ってはいけないレーンとなりますので、もちろんバイクは走れません。

・車間距離

速度を出すときには、きちんと車間距離を取ることも重要です。

速度80kmにたいして、安全な車間距離は80m、速度100kmにたいしては100m車間距離をとるようにします。

・疲労

高速道路走行中は、ずっと同じ姿勢というのもあり長い間体を動かすことがない為、体が固まってしまいます。

自分が思っているよりだいぶ疲れていますので、意識してこまめに休憩を取ることが必要です。

最低でも、1時間に1回が目安です。

渋滞や事故・故障の場合を除いては、サービスエリアかパーキングエリアでしか駐停車できませんので、注意してください。

 

まとめ

高速道路は125cc以下のバイクは走行できませんので、間違っても高速道路に入らないようにしましょう。

二人乗りは一般道路と違い、免許取得から3年以上で20歳以上でないとできませんので気をつけましょう。

また、高速道路は一般道路よりも大変危険ですので、一般道路感覚で走行しないように注意してください。

みなさんも事故を起こさず安全に高速道路を走るように、ぜひ心がけてください。


コメントを残す