バイクの知識

バイクの輸送費の相場は?安く済ませるにはどうしたら良い?

引越などでバイクをどうやったら運んだらいいのか、悩んだことはありませんか?

そんな方のためにバイクを輸送する方法とその費用について紹介します。

メリットやデメリットなども紹介していくのでうまく活用して、運送の参考にしてください。

スポンサーリンク

バイクの輸送費の相場は?

バイクの輸送にかかる料金は利用する業者や移動する距離、バイクの種類などによっても大きく異なります。

そのためここではあくまで目安を紹介していきます。

実際にバイクの輸送を行う際には自身の状況を考慮したうえで、業者の最新の情報等を調べて見積もりを出しましょう。

バイクを輸送する方法としては大きく分けると、

  • 引っ越し業者に依頼する
  • 専門業者に依頼する
  • 自分で運搬する

の3つの方法があげられます。

 

引っ越し業者に依頼

引っ越し業者に依頼する場合、業者によっても違いますがだいたい10,000円程度が目安となります。

メリットは引っ越しの際の手続きや見積もりをまとめてできるので手間を省略できるという点です。

デメリットとしては他の方法より料金が高くなる傾向にあるという点です。

輸送料金に加えて仲介手数料も必要となります。

しかし業者によっては輸送料は下げられなくても引越の料金の総額を減らすという交渉が成功する場合もあります。

スポンサーリンク

専門業者に依頼

車やバイクの専門業者に依頼する場合、兵庫~京都で排気量110ccと仮定すると最安値の企業の料金が8,000円程度となります。

専門業者に依頼するメリットは住所変更などの手続きを追加料金を払えば行ってくれることです。

企業によっては行政書士と提携しているところもあるので、引っ越しの際の手続きの手間を減らすことが可能です。

デメリットとしては引っ越し業者に依頼するより手間がかかることです。

引っ越し業者とは別に依頼する専門業者を探す必要がありますし、手続きも別に必要になります。

引っ越し業者と専門業者の2つと打ち合わせを行う必要が生じるためどうしても手間はかかってしまうことがデメリットです。

 

自分で運搬

自分で運搬するのが一番費用を抑えることができる方法です。

移動する距離や車種などによって料金は違いますが、距離が近い場合には圧倒に安く済みますし手間もかかりません。

デメリットとしては遠距離の場合運転の手間がかかること、高速料金や宿泊費などが発生することです。

手続きの手間はなくなりますが運搬に労力が必要となります。

スポンサーリンク

安く済ませるにはどうしたら良い?

メジャーな方法としては「デポ配送」を利用することです。

デポ配送は一度に大量のバイクを運ぶのでその分費用が格安となっています。

ほかにもドアtoドアに強い業者を使う、比較サイトで安い業者を探すといった方法があげられます。

どの方法にもメリットデメリットが存在しているので、自身の状況と照らし合わせて一番適切なサービスを選択しましょう。

 

■合わせて読みたい

バイク輸送会社まとめ【アイライン/BAS/ヤマト/BHS/代行/イズム】

バイクの輸送サービスはツーリングで先にバイクだけを目的地に送っておいて、人は後から飛行機で行くといった目的で利用される他、引っ越しに伴う輸送やネットオークションなど様々なシーンで利用されています。 今 ...

続きを見る

バイクを高く買い取ってもらう方法を紹介!買取金額2倍UPも!

バイクに乗らなくなったり買い替えをする場合は、バイクを売ると思いますが皆さんはどこで売っていますか? ・下取りしてもらう ・近くのバイク屋や買ったお店で買取してもらう ・チラシ、ネットで適当に買取して ...

続きを見る

まとめ

バイクを運送する方法としては、引っ越し業者に依頼する、専門業者に依頼する、自分で運送するの3つの方法があります。

それぞれにメリットやデメリットがあり、移動距離やバイクの種類によっても費用は異なるので、サービスを利用する場合は最新の情報を確認しましょう。

-バイクの知識
-

Copyright© 原付.jp , 2020 All Rights Reserved.