原付のバッテリー交換はこんなに簡単、自分で手軽にできる

 

バッテリーは原付バイクに必要不可欠

原付バイクにとって、バッテリーは必要不可欠のパーツといえます。

昔のバイクはキックペダルが付いていたため、バッテリーが放電してしまった場合もエンジンを始動させることができました。

しかし、現在のバイクはほとんどがセルスターターのみでの始動となっているため、バッテリーが使えなくなると、バイクを動かすことさえできません。

バッテリーが放電して「あがってしまった場合」、バッテリー充電器を使って充電するか、新品のバッテリーに交換するかのいずれかになります。

比較的新しいバッテリーであれば充電して使い続けることもできますが、何年も使い続けているバッテリーの場合、充電してもまたすぐに放電してしまったり、動かないままになることもあります。

バッテリーが「あがってしまう」原因

バッテリーがあがってしまう原因ですが、最も多いのはエンジンをかけないまま放置することです。

バイクに乗っていない間も、バッテリーの電気は少しずつ減っていきます。

電気が減っても、エンジンをかけて走ることで充電されるため、毎日乗っていれば問題はないのですが、長く乗らずにいると

放電が続くばかりになり、バッテリーがあがってしまいます。

また、毎日乗っている場合でも、走行距離が短く、充電する時間が十分でない場合はバッテリーがあがってしまいます。

特に冬はバイクに乗らない方も多いでしょう。

暖かい季節になって、「さあ、乗ろう」とエンジンをかけようとしたら、バッテリーがあがってしまっていたという経験をお持ちの方もいるものと思われます。

長く乗らないことがわかっているならバッテリーの端子をはずし、電気が通らないようにしておきましょう。

バッテリーの交換は自分でできる

バッテリーがあがってしまった場合、充電して使うことも方法のひとつですが、新しいバッテリーに交換することも考えてみましょう。

特に短期間に何度もあがってしまう場合は、バッテリーの寿命を考えるべきです。

原付のバッテリーは2年から3年といわれています。

寿命がくると、充電してもエンジンがかからない、またすぐにあがってしまうなどの症状が出てきます。

そうなると、交換するしか方法はありません。

バッテリーの交換は難しくありません。

バイクショップ等でも交換してもらうことができますが、当然ながら整備工賃がかかります。

高いものではありませんが、自分で簡単にできることですので、自分で交換しましょう。

バッテリーが装備されている場所ですが、スクーターの場合はシートの下に、ロードタイプはサイドカバーをはずした裏側にバッテリーボックスがあります。

そこから古いバッテリーをはずして、新しいバッテリーを取り付けば交換完了です。

バッテリーのはずし方と取り付け方

バッテリーには上部の左右に端子があります。

赤がプラスで、青がマイナスです。

また、端子の横にプラスとマイナスのマークがついているので、間違えることはないでしょう。

まず、マイナスの端子から線をはずします。

レンチやスパナでボルトをゆるめ、線の先端の金具をはずしてください。

次に同じようにプラスの端子をはずし、バッテリー本体を取り外します。

新しいバッテリーを取り付ける時は、逆の順で作業を進めます。

バッテリーをボックス内に固定し、プラスの端子に配線をつなぎ、次にマイナスの端子をつなぎます。

この順番を間違えると、作業中に工具がバイクのフレームにふれるなどした際、ショートしてヒューズがとんだり、電装系部品に故障が起こったり、火花が飛ぶこともあり、危険です。

順番を間違えないように注意して作業を進めましょう。

適合バッテリーが良い理由

バッテリーは、原付の車種に適合しているタイプを使うべきです。

バイクの電子系統の部品は精密機械です。

バイクによって、レギュレーターからバッテリーへの充電制御が違います。

もともと搭載されているバッテリーは、その車種の充電制御機能に合わせて選ばれています。

そのため、別のタイプのバッテリーに交換すると、故障が起こったり、バイクの寿命が短くなったり、最悪のケースとしては、爆発が起こる危険性もあります。

メンテナンスフリー型のバッテリーは利便性が高いことは確かです。

しかし、それだけの理由で解放型バッテリーを使っている原付に、メンテナンスフリー型のバッテリーを載せ替えることはすべきではありません。

メーカーが指定しているタイプのバッテリーを使うことが最も安全といえます。

また、バイクに不要な負担をかけることがないため、車両の寿命をむやみに縮めることもありません。

 

あなたのバイクに適合するバッテリーを調べてみましょう。

 
※年式、マイナーチェンジ、カスタム等でバッテリーが合わない場合があります。
 あくまで参考としてお使いください。
 

古いバッテリーはどう処分する?

バッテリーを新品に交換した場合、古いバッテリーはどうすればいいのでしょうか。

ゴミとして捨てることはできません。

ホームセンターやバイクショップで購入した場合は、古いバッテリーを引き取ってもらえるようです。

しかし、通販の場合は、引き取りを行なっていないショップも多くあります。

また、引き取りを行なうショップであっても、送料は自己負担になることがほとんどです。

その他、購入したショップでなくても、ガソリンスタンドで引き取りをしてくれることもあります。

近所のスタンド等で引き取りをしてもらえないかたずねてみましょう。