低身長でも乗れるバイクのおすすめを紹介!気をつけるべきことは?

もちろん身長が低い方の場合でも、バイクに乗ることは可能です。

しかし、足がつかない場合は立ちゴケする場合もあり、ブレーキの位置が遠すぎるなどの場合は、ブレーキをかけるのが遅れ、思わぬ事故を起こしてします可能性もあります。

そうならないためにもバイクを購入する際は、自分の合ったバイクを選ぶことが重要になります。


低身長の人がバイクを買う上で気をつけること

低身長の人がバイクを乗るのは苦労する面が多いのは事実ですが、乗れないわけではなく注意点を押さえれば乗りこなす事は可能です。

バイク購入時の地点で選び方や注意点を知れば、自身の体型にあったものを選択出来ます。

最も気を付けたい要素としては足つきが良いものを選択する事であり、他にも車両重量やシート幅や高さ、ハンドル位置、取り回しといった辺りをチェックする必要があるでしょう。

情報収集を行いつつネットでいきなり購入するのではなく、実際の店舗でバイクを見せてもらい、試しに乗ってみる事は必要であり、バイク屋で聞くのも有効です。

バイクを購入して足つきが悪いと怖くなりますし、安全面でも問題がありますから、様々な選択注意点の中でも足つきは最初にチェックして押さえたい部分になります。

国内バイクで大きめのものでも両足が付く基準は、日本人男性の平均身長である171cm辺りと言われていますから、基準に満たない場合は体型に合ったバイク購入するか、シート変更や加工といった対応が必要です。

低身長の人におすすめのバイク

低身長者におすすめのバイク

低身長の人におすすめのバイクは、好きな形やデザインを選べば良い、と言いたい所ですが、安全面を考えればおすすめとは言い切れないです。

もちろん慣れてくれば低身長故の足つきの悪さにも馴染んでくる面もありますし、片足さえつけば問題が無いという方も多いです。

低身長者におすすめのバイクを知る前に、逆に避けた方が良いものとしてはアメリカン系であり、ブレーキやギアペダルが遠いもので、やはりブレーキやペダルが遠いのはリスクがあるので避けた方が良いでしょう。

250ccのヨーロピアンバイクならば問題が無く乗れますし、低身長者には安全面含めておすすめのものが多いと言えます。

その系列で気に入ったデザインのものがあれば、250ccバイク選択がおすすめです。

小さいものは乗りたく無い場合は、気に入った大型バイクを購入して、シートをLOWに変えたり車高を落とす選択もあります。

低身長でもペダルやブレーキが遠いといった問題が無いと、工夫次第でバイクに歩み寄れば馴染めるものです。

バイクを倒した時に自力で起こせないのは問題ですから、力が無い方は軽めのバイクを選択という手もあります。

軽めのバイクを選んだ場合は車両の安定感を欠いて風抵抗を受けて煽られるリスクもありますから、強風時には気を付けて乗る等、天候によって乗り方を変える事も必要です。

シートとハンドルの関係性も重要で、シート高をまず確認し、車幅が広ければ足を拡げる必要があるので足つきが悪くなったり、シートからハンドル位置が遠ければ、前傾姿勢になってお尻の位置が高くなる等、試乗して確認するのがおすすめです。

低身長者に向いたバイクは一言で言えない面があり、骨格や可動域は人によって違いますし、実際に乗ってみなければ解らない部分も多いと言えます。

取り回しし辛いとバイク駐車や動かす際に負担になりますし、乗りやすさと同時に扱いやすさにも着目し、確認した上で選択したものが結果的におすすめバイクです。

 

まとめ

身長が低くても、バイクを購入する際に店員と相談しながら試し乗り等をすることにより、自分にあったバイクを手に入れることができます。

しかし、ネットで買う場合は、サイズ感などを十分に把握していないと失敗してしまう恐れがありますので注意しましょう。

また、どうしても乗りたいバイクがあるが、身長的に厳しいと言う場合でも、シートの高さやブレーキの位置、車高などを調整すれば、十分乗りこなすことは可能ですので諦める必要はありません。

実際に乗って見ないとわからない点も多いと思いますが、ぜひ参考にしてみてください。


コメントを残す