バイクの知識

バイクのチューブタイヤとチューブレスタイヤの違いは?

最近のバイクはチューブレスタイヤとなっている事が多いのですが、昔のバイクはチューブタイヤが一般的となっていました。

こう書くとチューブタイヤよりもチューブレスタイヤの方が優れているからチューブレスタイヤが一般的となったと思う人が多いかと思います。

しかし、実際にはチューブタイヤはオフロードバイクを中心にまだまだ活躍しており、チューブタイヤとチューブレスタイヤの違いを説明出来る人が少ないので両者の違いを説明したいと思います。

スポンサーリンク

チューブタイヤとは

チューブタイヤは昔のタイヤというイメージがありますが、現在でもクラシックバイクオフロードバイクを中心にしてチューブタイヤは使用されています。

また、チューブタイヤはレトロなトレッドパターンも魅力で、クラシックなイメージを演出したいと考えている人にもチューブタイヤはオススメです。

 

チューブタイヤのメリット・デメリット

チューブタイヤの最大のメリットは空気圧が低い状態で走っても衝撃に強くパンクしにくいという点が挙げられます。

その為、道無き道を走るオフロードバイクには必ずと言って良いほどチューブタイヤが使われています。

また、チューブタイヤは衝撃でホイールが変形したとしても、タイヤの中のチューブに問題が無ければパンクする事なく走ることも出来るのです。

このようにパンクに強いチューブタイヤなのですが、デメリットを挙げるならば釘のような異物がタイヤに刺さって、チューブに穴が開いてしまうと、あっという間に空気が抜けてしまいます。

また、パンクした時の修理の難易度はチューブレスタイヤよりも非常に難しく、慣れていないと応急処置すら出来ない可能性もあります。

スポンサーリンク

チューブレスタイヤとは

荒れた道を走ることを前提としていないオンロードバイクの多くに採用されているのがチューブレスタイヤです。

最近のスポーツバイク用のタイヤはチューブレスタイヤで作られることが一般的となっており、オンロード用のハイグリップタイヤはチューブレスタイヤとなっています。

 

チューブレスタイヤのメリット・デメリット

チューブレスタイヤのメリットは釘を踏むなどしてパンクした時に、チューブタイヤのように一気に空気が抜けてしまうという事が無い点が挙げられます。

その為、運が良ければ走行中に釘を踏んだとしても気付かず、そのまま往復してしまいメンテナンス時に釘が刺さっていることに気づくという事もあり得ます。

その他にも、パンクの修理が容易な点やタイヤ内部にチューブが無いので乗り心地が良い事もメリットに挙げられます。

 

■合わせて読みたい

バイクのエンジンの違いと特徴は?【直列・V型・水平対向】

バイクのエンジンはシリンダーの配置によって様々な種類に分かれています。 その中でも代表的な種類として 「直列エンジン」 「V型エンジン」 「水平対向エンジン」 の3種類が挙げられますが、これらのエンジ ...

続きを見る

バイクの駆動方式とは?チェーン・ベルト・シャフトを比較!

バイクの駆動方式には様々な種類が存在していますが、主に 「チェーンドライブ駆動方式」 「ベルトドライブ駆動方式」 「シャフトドライブ駆動方式」 の3種類が代表的な物となっています。 これらの駆動方式に ...

続きを見る

まとめ

このようにチューブタイヤとチューブレスタイヤでは特性が大きく異なっており、基本的にはスポーツ走行やロングライドをするならチューブレスタイヤを、林道のようなオフロードコースを走るならばチューブタイヤを選ぶようにすると良いでしょう。

このような特徴があるチューブレスタイヤですが、デメリットとしては空気圧が下がってしまうと、ホイールからタイヤが外れてパンクしてしまうリスクがあるので注意が必要な点が挙げられます。

-バイクの知識
-, ,

© 2021 原付.jp