バイク運転中にイヤホン/スピーカーで音楽を聴くのは違法?電話は?

バイクの運転中も車で運転するときと同様に、音楽を楽しみながら運転したい人も多いです。

運転中にイヤホンで音楽を聴きながら運転している方や、バイクにスピーカーを取り付けて音楽を流している方をよく見かけることがありますが、それらは違法なのでしょうか。

また、マイク付きのイヤホンで電話をしながら運転している方もおられます。

バイクの運転中のイヤホン、スピーカーを使用して、音楽を聴くことや電話をすることが違法になるのか確認していきましょう。


運転中にイヤホンで音楽を聴くのは違法?

バイクの運転中にイヤホンをして音楽を聴くということ自体は、特に何か法律や条例などに違反であると明記はされてはいないのですが、安全な運転に必要な交通に関する音又は声を聞くことができないような状態になっていることは禁止されていますので、それに直接ひっかかると捕まる可能性が高くなります。

ただ、よく言われることとしては、両耳で音楽を聴いていると、警察官に止められることがあるみたいです。

音量がどの程度であれ、耳を両耳とも塞いでいるということで、それだけで安全運転の義務の違反で切符を切られてしまう可能性があります。

そして、片耳だけイヤホンをさしている場合は、お咎めなしとなった例も聞いたことがあります

外部の音も聴こえる状態で音楽を聴いているということで、違反にならなかったようです。

イヤホンについては基本的にはグレーゾーンなので、対応した警察官によっても判断が違うかもしれません。

 

運転中にイヤホンで電話をするのは違法?

イヤホンで電話をするのは違法?

基本的に、運転中に電話をして違反となる条件としては、停止している時以外に、手で持たないと通信できない、もしくは、画面を注視してしまうということがあります。

つまり、電話機を手で持っていなくて、画面を注視していなければ違反には問われないと道路交通法に記載してあります。

ただ、注意しなければならないこととしては、イヤホンで音楽を聴くときと一緒ですが、両耳をイヤホンで塞いでしまうと、安全な運転に必要な音などを聴くことができないと判断されて、捕まってしまう可能性があります。

ですので、ハンズフリー専用の端末などで、片耳だけ装着タイプのものを使えば基本的に運転中に通話をしても問題ないでしょう。

ただ、通話しながら運転をすると、ついつい通話の方に気をとられて運転や安全確認が疎かになったりするので、運転には注意しながら通話をした方がいいでしょう。

運転中にスピーカーで音楽を聴くのは違法?

バイクにスピーカーを付けて音楽を聴くことに関しては、適度な音量で、変な使用方法をしなければ基本的には問題ないでしょう。

気を付けなればいけない点としては、スピーカーの音量の大きさでしょう。

あまりにも大きな音量で音楽を流していたら、それを見た警察官によっては、安全な運転に必要な音が全く聴こえないと判断されて、捕まってしまう可能性もあります。

スピーカーについては、音量をあまりにも大きくしなければ、特にその他、スピーカーで音楽を聴くこと自体を禁止する法律、条例などはないと思いますので、問題はないと思います。

ただ、車のように閉じた空間ではないので、バイクからの音楽が周りにだだ漏れになってしまいます。

それを不快に思う人間もいるかもしれないので、適度にマナーを守って音楽を聴くほうがいいかと思います。

 

まとめ

イヤホンで音楽を聴く行為は、安全な運転に必要な音が聞こえない状態と判断されると違法になってします場合がありますが、走行中にイヤホンで音楽を禁止している法律はありませんので、基本的には大丈夫です。

電話に関しても、直接電話を持たず、画面を注視しない状態の電話であれば禁止されていません

スピーカーも同様に、安全な運転に必要な音が聞こえて入れば、違反にはなりません。

しかし、これらは警察官の判断によって危険と見なされれば捕まってしまいますので、注意が必要です。

第一に、安全に運転できることを前提に音楽を楽しむようにしましょう。


コメントを残す