小型バイク免許の教習の値段はどのくらい?一発合格を難易度は?

原付場合は、30km制限や二段階右折の制限がありますが、それらの制限がない125cc以下の小型バイクはとても人気があります。

小型バイクは中型二輪以上の免許を持っていれば運転することができますが、小型バイクにだけ乗れれば良い方のために、小型二輪免許があります。

小型二輪免許は中型二輪免許より難易度も低く、教習所のお金も安く済ませることができます。

今回は小型二輪免許取得までの流れと値段、免許試験の一発合格について説明します。


小型バイクの教習の流れ

小型バイクの教習は車の免許を持っていれば最短で4日間でクリアできるため、車を使わずバイクで事足りると思えば気軽に教習所で受講するできるため簡単に卒業できます。

準備するものは持っていれば免許証と印鑑と教習代で、視力検査や色彩識別、写真撮影があり、流れの説明を受けて計画を立てます。

車の免許があれば学科を免除でき、運転操作をする実技があり、マンツーマンで教えてもらえて徐々に慣れることが大事です。

 

小型バイクの教習の値段

小型バイクの教習の値段

小型バイクの免許は事前に車の運転免許証の有無によって料金が異なり、免許を所持していないまたは原付のみの場合は、ATで150,000円程度、MTで160,000円程度の費用がかかります。

車の免許を取得していれば、ATで90,000円程度、MTで100,000円程度になり、学科教習が免除されるため日数が短くなります。

受講期間は免許がない、もしくは原付免許のみの場合だと学科教習があるため最短で8日間になり、車の免許があればMTだと5日間、ATだと4日間で教習を終えることができるため気軽に取りやすいです。

教習は能力に応じてかかる期間が長くなることもあり、追加料金が発生しない教習所を選ぶと安心できます。

 

小型バイクの年間維持費

小型バイクはの維持費は年間で25,000円程度で、税金は90ccまでは1,200円、125ccまでは1,600円になり、自賠責保険料は一番期間が長いものにすれば、年間で5,000円程度です。

維持費は税金や自賠責保険以外にも消耗品として、ブレーキパッドの交換で7,500円程度とオイル交換で4,500円程度かかり、それとは別にガソリン代がかかり頻繁に運転すると高くなります。

バイクは頻繁に運転すると走行距離が長くエンジントラブルが起きやすく、定期的に修理をして安心して乗れるようにすることが大事です。

維持費は絶対的な数字はないものの、125ccは中型バイクと比べると圧倒的にコスパが良いため、維持費を安くしたい方にはとてもおすすめです。

小型バイク免許試験の一発合格の難易度

小型バイク免許試験の一発合格の難易度

小型バイクの免許試験は教習所で教習を受けずに臨むと、MTは7%、ATは20%が平均的で、MTは合格率が低く、ATは割と高めになっています。

それぞれ合格するまでに確率だけで言うとMTは14回、ATは5回受けると合格できることになります。

しかし、一発合格できている人は普段からバイクに乗っている人で練習を試験に向けて練習をたくさんしている人たちですので、全くの初心者が受けて合格するのは少し難しいでしょう。

ですが、ATの場合は20%と高めですので、普段原付に乗っている人は受けてみる価値はあります。

 

まとめ

小型バイクの教習は、中型二輪に比べると安く済ませることができ、車の免許を持っていれば、ATで最短4日で取得することができます。

年間の維持費も平均的では30,000円を切っており、とても経済的です。

一発合格を狙っている方も、中型二輪よりかは合格率が高く狙いやすいと思います。

原付のように30km制限や二段階右折の制限がないため、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。


コメントを残す