法律・免許

小型バイク免許の教習の費用はどのくらい?一発合格を難易度は?

原付場合は、30km制限や二段階右折の制限がありますが、それらの制限がない125cc以下の小型バイクはとても人気があります。

小型バイクは中型二輪以上の免許を持っていれば運転することができますが、

小型バイクにだけ乗れれば良い方のために、小型二輪免許があります。

小型二輪免許は中型二輪免許より難易度も低く、教習所のお金も安く済ませることができます。

今回は小型二輪免許取得までの流れと費用、免許試験の一発合格について説明します。

スポンサーリンク

小型バイクの教習時間

小型バイクの教習時間は取得している免許の有無、AT車とMT車によって変わりますが、

車の免許を持っていれば、AT限定で最短で3日間で卒業できます。

技能教習、学科教習の時間このようになります。

 

小型バイク

技能教習

取得している免許 第1段階 第2段階
なし 6 6
普通免許・大型免許 5 5
大型特殊免許 5 5

学科教習

取得している免許 第1段階 第2段階
なし 10 16
普通免許・大型免許 0 1
大型特殊免許 0 1

 

小型バイクAT限定

技能教習

取得している免許 第1段階 第2段階
なし 3 6
普通免許・大型免許 3 5
大型特殊免許 3 6

学科教習

取得している免許 第1段階 第2段階
なし 3 6
普通免許・大型免許 3 5
大型特殊免許 3 5

スポンサーリンク

小型バイクの教習で準備するもの

準備するものは教習所によって違う場合もありますが、一般的には

  • 申込書
  • 住民票(6ヶ月以内のもの)
  • 身分証明書(健康保険証やパスポートなど)
  • 持っていれば免許証
  • 印鑑
  • 教習代

が必要になります。

 

小型バイクの教習の流れ

まず入校の流れは、所定の手続きを済ませたら、

  • オリエンテーション
  • 適性検査
  • 写真撮影

があります。

その後、

  • 第一段階
  • 第二段階
  • 卒業検定

という流れになります。

バイクは教習所の外に出ることがないため、仮免試験はありません。

 

適正検査とは

適正検査とは、その人が運転するにあたって支障がないかを検査するために行います。

検査内容は、

  • 視力検査
  • 聴力検査
  • 色彩判別能力
  • 運転適性検査

などがあります。

スポンサーリンク

小型バイクの教習の費用

小型バイクの教習の値段

小型バイクの免許は事前に車の運転免許証の有無によって料金が異なり

免許を所持していない、または原付のみの場合は、

  • ATで150,000円程度
  • MTで160,000円程度

の費用がかかります。

車の免許を取得していれば、

  • ATで90,000円程度
  • MTで100,000円程度

になります。

教習は能力に応じてかかる期間が長くなることもあり、追加料金がかかる場合もありますので注意が必要です。

追加料金が発生しないプランがある教習所もありますので、運転に自信がない人はそのプランを選ぶと安心できます。

 

小型バイクの年間維持費

小型バイクの年間の維持にかかる費用は

  • 軽自動車税
  • 自賠責保険料

です。

軽自動車税は

  • 90ccまでは2,000円
  • 125ccまでは2,400円

になります。

税金について詳しくはこちらをご覧ください。

バイクにかかる年間税金まとめ【90cc・125cc・250cc・400cc】

自動車と同じく、バイクもナンバーを付けて所持していると毎年税金を支払う必要があります。 バイクでは排気量によって軽自動車税や重量税が掛かります。 スポンサーリンク 目次1 原付(二種も含む)で90cc ...

続きを見る

 

自賠責保険は、1年から5年の期間によって1年の金額が変わり、

5年期間の場合は1年で3,400円程度になります。

50cc〜125ccの自賠責保険は同じものなので、詳しくはこちらをご覧ください。

原付の自賠責保険の値段をまとめ!【50cc〜125cc】

原付バイクの自賠責保険の契約期間は1年〜5年まで自由に設定する事が出来ます。 50cc~125ccまでは同じ区分になり、料金も同じです。 そして、保険料に関しても契約期間が長ければ長いほど割安となる仕 ...

続きを見る

 

スポンサーリンク

小型バイク免許試験の一発合格の難易度

小型バイク免許試験の一発合格の難易度

小型バイクの免許試験は教習所で教習を受けず一発試験を受けることができます。

合格率は非常にくく

  • MTは7%
  • ATは15%

が平均的で、MTは合格率が低く、ATは割と高めになっています。

それぞれ合格するまでに確率だけで言うとMTは14回程度、ATは6回程度受けると合格できることになります。

しかし、一発合格できている人は普段からバイクに乗っている人で練習を試験に向けて練習をたくさんしている人たちですので、

全くの初心者が受けて合格するのは少し難しいでしょう。

ですが、ATの場合は15%と高めですので、普段原付に乗っている人は受けてみる価値はあります。

 

まとめ

小型バイクの教習は、中型二輪に比べると安く済ませることができ、車の免許を持っていれば、ATで最短3日で取得することができます。

一発合格を狙っている方も、中型二輪よりかは合格率が高く狙いやすいと思います。

原付のように30km制限や二段階右折の制限がないため、ぜひ取得してみてはいかがでしょうか。

-法律・免許
-, ,

Copyright© 原付.jp , 2020 All Rights Reserved.