法律・免許

普通二輪免許の値段は?取得までに費用はいくら掛かる?

最近はバイクに乗る方が減ってきているといわれていますが、アニメなどの関係で最近バイク乗りが増えてきているようです。

今回は、バイクを乗る方向けに普通二輪免許の費用についてご説明いたします。

もし興味のある方はぜひご覧ください。

スポンサーリンク

普通二輪免許取得までにかかる費用

普通二輪免許取得にあたりどのような金額が必要になるのか。

普通二輪というと、400cc以下のバイクのことです。

バイクにもATとMTがありMTのほうが費用がかかります。

今回は、MTとAT限定と2種類の費用体系についてご説明いたします。

 

教習所費用

まずは教習所にて支払う費用です。

そのうち教習費がほとんどを占めます。

 

自動車免許を持っていない場合

教習費については、学校によって金額がばらけますが、自動車免許を持っていない場合一番費用がかかります。

MT、AT限定でだいたい20万円前後ですが、

  • MTにて税抜きで210,000円ぐらい
  • AT限定の場合は、若干お安く190,000円

ほどになります。

 

普通自動車免許を持っている場合

普通自動車免許を持っている場合は、費用が安くなり10万円前後の価格帯になります。

  • MTの場合、130,000円
  • AT限定だと110,000円

ぐらいです。

自動車免許を持っている場合は、そこで道路交通法についての授業や、人命救助の授業などを受けているので、免除されるケースがあります。

教習内容は主に実際にバイクに乗っての実地研修がメインです。

スポンサーリンク

費用の内訳

内訳として、

入学金が統一して同じぐらいで3万円~5万円がかかります。

学科研修費用で自動車免許を

  • 持っていない場合は5万円ほど
  • 持っている場合は数千円

ですみます。

技能研修で5万円~6万円ほど費用がかかることとなっています。

あとは教科書代などが入り上記の価格になる形です。

 

卒業検定費用

続いては、卒業検定にかかる費用についてです。

これも、教習所によって様々で一括で卒業検定費用を払ってしまうところもありますし、別で徴収するケースもあります。

だいたい、5,000円ぐらいかかり、これはMT,AT限定かかわらず同じ値段となっています。

 

その他

教習所によって、効果測定の際に費用がかかるケースがあります。

これには3,000円~4,000円ほどかかるケースが多いです。

 

合計まとめ

それぞれを合計すると、

一切免許を持っていない場合、

  • MTで240,000円前後
  • AT限定で220,000円前後

自動車免許を持っている場合、

  • MTで150,000円前後
  • AT限定で120,000円前後

となります。

 

免許試験費用

教習所を卒業後に、免許センターに行って試験を受けて合格すると免許をもらえます。

これに手数料がかかるケースが多く、費用はだいたい3,000円~5,000円ほどとなっています。

スポンサーリンク

一発試験の場合

学科試験が免除されるケースや、教習所に通わずに「一発試験」をうけて免許を取得する方法もあります。

一発試験の場合は、試験内容が増えるので合計15,000円~20,000円ほどとなっています。

教習所で支払うお金を考えると格安で済みますが、ハードルは高いので要注意です。

 

まとめ

普通二輪免許取得までにかかる費用についてまとめました。

費用については、教習所によって様々であり、もっと安く済むケースもあるのでお近くの教習所に問い合わせてみることをおすすめします。

合宿などでも費用が変わるケースがあるので、自分が出せる金額を考えて入校してみてください。

-法律・免許
-,

Copyright© 原付.jp , 2020 All Rights Reserved.