修理・メンテナンス

原付バイクのバッテリーの充電や交換の方法や時期は?

普段原付バイクに乗っている方で、最近セルでエンジンが掛かりにくくなったり、ウィンカーの点滅がまばらだと感じる方は、

バッテリー交換の時期かもしれません。

バッテリーは消耗品ですので、交換が必要になります。

また、原付バイクを長期間放置して久々に乗ろうとしたら、電源が入らないという方もバッテリーを交換・充電が必要です。

初心者でも簡単にできるバッテリーの交換方法をご紹介します。

スポンサーリンク

バッテリー交換時期の目安

バッテリー交換時期の目安を説明します。

 

普段原付バイクに乗っている方

普段原付バイク乗っている方は、バッテリーの寿命が近づいてくると、様々な兆候が見られるようになります。

  • セルの音が変わる、セルでエンジンが掛かりにくくなる。
  • ウィンカーの点滅が速くなったり遅くなったりする。
  • ヘッドライトが弱くなる

このような兆候がある方は、近いうちにバッテリーの交換をすることをおすすめします。

 

原付バイクを長期間放置していた方

長期間放置していた方は、バッテリーが自然放電し、バッテリーの電力がなくなっているので、バッテリーの充電が必要です。

スポンサーリンク

バッテリーの交換方法

バッテリーの交換方法を説明します。

 

使用するバッテリー

各車種に純正バッテリーが存在するので、それを使用するのが一番良いですが、純正バッテリー以外のものも使用できます。

純正バッテリーであれば、だいたい1万円前後で入手できますが、

純正バッテリー以外であれば、純正バッテリーよりも安く入手ができます。

特に中国産のバッテリーであれば、大幅にコストを削減できます。

純正バッテリー以外を使用する方は、レビューなどを調べて自己判断で使用をお願いします。

また、バッテリーにも6Vや12Vのものが存在し、車種によって使用するバッテリーが違うので、十分に調べて使用しましょう。

 

バッテリーの交換方法

バッテリーは初心者でも比較的簡単に交換できます。

事前に自分の車種のどこにバッテリーが搭載してあるか調べましょう。

  1. 原付バイクの電源を切ります。
  2. バッテリー搭載スペースのカバーを外します。
  3. バッテリーのプラス端子とマイナス端子がネジで固定されているので
    どちらがプラスマイナスかを確認しましょう。
  4. マイナス端子を取り外します。
  5. プラス端子を取り外します。
  6. 古いバッテリーを取り外して新しいバッテリーを取り付けます。
  7. プラス端子を取り付けます。
  8. マイナス端子を取り付けます。
  9. カバーを取り付けたら完了です。

一番のポイントは、

外すときは、マイナス端子→プラス端子

取り付けるときは、プラス端子→マイナス端子

という順番で取り付けましょう。

これを間違えてしまうと、電気系統に異常が出てしまうことがあります。

古いバッテリーは市町村で定められた方法で処分するようにしてください。

スポンサーリンク

バッテリーの充電方法

原付バイクを乗らないで置いておくだけでも、バッテリーが自然放電し電力がなくなってしまいます。

その場合は、バッテリーの充電が必要になります。

バッテリーの充電するにはバッテリーの充電器が必要になりますので、事前に購入しておきましょう。

バッテリーの充電方法を説明します。

バッテリーの取り外し方、取り付け方は上記のバッテリー交換方法を参照してください。

  1. 充電器のプラス端子をバッテリーのプラス端子にセットします。
  2. 同様に、充電器のマイナス端子をバッテリーのマイナス端子にセットします。
  3. そのまま12時間程度充電します。
  4. 充電が終わったら、マイナス端子をバッテリーから外します。
  5. 次にプラス端子を外します。

以上が充電方法です。

上記の方法でも原付バイクが動かない場合は、バッテリーの寿命を迎えている可能性があるので、バッテリー交換になります。

適合バッテリーは適合バッテリー検索ツールをお使いください。

メーカーを選択してください。
ホンダ スズキ ヤマハ

排気量の種類を選択してください。
50cc

 

■合わせて読みたい

原付バイクのオイル交換のやり方!【2サイクル・4サイクル】

原付バイクのオイル交換をバイクショップやガソリンスタンドにやってもらっている方が多いと思いますが、 自分でやるとかなり安く済ませることができます。 オイル交換は難しいイメージを持っている方もおられると ...

続きを見る

原付のガソリンスタンドで出来るオイル交換など修理まとめ!

原付の修理やメンテナンスなどをしてもらいたいけど、近くにバイク屋さんがないということを経験する方はとても多いです。 そんな時にガソリンスタンドで修理やメンテナンスをしてもらえれば、とても便利です。 し ...

続きを見る

まとめ

バッテリーは消耗品のため、必ず寿命があります。

ですが、寿命が来る前には何かしらの兆候があるため、調子が悪いなと思ったら、バッテリー交換を頭に入れてください。

自分でもバッテリー交換はできますが、不安な方は業者に頼んで方が安全なため、自信があるかたのみ、自分でやるようにしてください。

-修理・メンテナンス
-,

© 2021 原付.jp