バイクのオイル交換の距離や頻度は?時間や値段はどのくらいかかる?

バイクはオイル交換が必須ですが、オイル交換はどのタイミングで行えばよいでしょうか?

オイル交換をしていないと、エンジントラブルに繋がり、最悪エンジンが焼き付いてしまいます。

そうならないためにも、オイル交換の距離や頻度を知っておく必要があります。

また、合わせてオイル交換にかかる時間や値段についてもご紹介します。


オイルの役割

バイクのエンジンオイルはエンジンを動かす上で様々な重要な役割を果たしています。

エンジンオイルの役割としては主に次のような役割があります。

・エンジン内部の潤滑

オイルはエンジンとトランスミッション内部の金属面に油膜を作ることで、金属面同士が直接摩擦して摩耗してしまうことを防ぎます

・エンジン内部の洗浄

オイルがエンジン内部を循環することで、内部で発生する金属粉のようなゴミを取り込むので、エンジン内部を綺麗に保ってくれます

・エンジン内部の冷却

オイルがエンジン内部を循環することにより、内部で発生した熱を奪って冷却してくれます

・エンジン内部の密封

エンジン内部のシリンダーとピストンリングの隙間をオイルが密封することによって、燃焼ガスの燃焼効率を向上させます

・防錆効果

オイルが金属面に油膜を作ることにより、サビの発生を抑える効果があります。

上記の5点の役割があり、エンジンにとってオイルは不可欠な存在です。

エンジンから漏れてオイルが無くなってしまうと、最悪の場合にはエンジンの故障に繋がることもあります。

オイル交換の頻度や距離は?

オイル交換の頻度や距離について

エンジンオイルは定期的に交換することをバイクメーカーからも推奨されています。

交換するタイミングに関しては使用しているオイルのグレードや、走行距離、使用している環境によっても異なるので一概に言えないのが答えとなります。

その中でも、最も目安となるのはバイク本体に付属している取扱説明書に書かれているメーカー推奨の交換時期となるので、お持ちでしたら確認してみると良いでしょう。

また、取扱説明書をお持ちでない場合は一般的な環境での使用下であれば「走行距離が3000km〜5000km毎に交換、もしくは半年毎に交換」が一つの目安となります。

走行距離だけでなく期間でも交換時期が目安となっているのは、オイルは走行しなくてもエンジン内部で劣化してしまったり、適正なオイル量を満たさなくなる事があるからです。

その為、走行距離が3000kmに満たない場合であっても半年に一度のタイミングで交換した方がエンジンの調子を保つことに繋がります。

オイル交換をしてもらえる場所や費用、時間は?

バイクのエンジンオイルの交換費用に関しては使用しているエンジンオイルのグレードや排気量によっても大きく異なります。

標準的なグレードのオイルの場合には125ccまでのスクーターならば1500円〜2000円程度、400ccまでの普通自動二輪車ならば2000円〜3000円程度、大型自動二輪車になると3000円〜5000円となり、オイル交換の2回に1回のタイミングでオイル内のゴミを集めるオイルフィルターの交換を行うので、その際には高くて1000円程度の料金がプラスされます。

また、オイルの交換に掛かる時間に関しては長く見積もっても1時間程度になります。

エンジンオイルの交換を行ってくれる場所に関しては、バイクを購入した販売店が最も一般的となります。

その他にも大手のバイク用品店でもオイル交換を行ってくれますし、店舗によってはガソリンスタンドでもバイク用のエンジンオイルを置いている場合があるので、近所にバイク販売店やバイク用品店が無い場合にはガソリンスタンドの店員に聞いてみても良いでしょう。

 

まとめ

エンジンオイルは主に5つの役割があり、エンジンにとってもは重要な役割をしています。

そのため、エンジンオイルの交換を怠っていると、エンジンに影響し、エンジンの故障にも繋がってしまいます。

エンジンオイルの交換頻度は車種にもよりますが、一般的には3,000~5,000km毎に行い、3,000km未満であっても、半年ごとに交換するようにしましょう。

オイル交換の費用は、高くても5,000円程度で、1時間以内には完了します。

オイル交換を忘れないように気をつけましょう。


コメントを残す