バイクのタイヤの値段や交換にかかる工賃は?トータル費用はいくら?

バイクのタイヤは消耗品であり、乗っていれば必ず交換する時がきます。

ほとんどの方が、お店でタイヤ交換をしてもらうと思いますので、タイヤの値段や交換にかかる工賃をあらかじめ知っておくことで、そのための貯金や、多めの料金を払ってしまうようなことを防げると思います。

そうならないためにも、バイクのタイヤ交換にかかる費用をご紹介します。


バイクのタイヤ交換の目安について

バイクにとってタイヤとは最も重要なパーツといっても過言ではありません。

なぜなら、タイヤはバイクを支えているだけでなく自分の命を支えていることに他ならないからです。

当然のことではありますが、タイヤは消耗品です。

そのため交換が必要になりますが、その目安は法的に決められています。

タイヤには溝がありますが、その溝が残り1.6mmとなった時とされています。

しかし毎日計るわけにはいきませんから、「スリップサイン」が見えてきたら交換の目安と考えるのが最も効果的でしょう。

当然のことではありますが、バイクの保管具合によってそのタイヤの劣化には大きな差が出てきます。

一番重要なことは、バイクに乗るたびにしっかりと点検することに尽きます。

 

バイクのタイヤの値段について

バイクの値段は、そのメーカーや性能によって大きな差があることは事実です。

また、人気のブランドはその需給関係から値段が上がってしまう傾向にあります。

そんな中でも、ヤマハやブリヂストンなど一流メーカーのタイヤは2本で10,000円以上するものが一般的となっています。

このようにタイヤの値段はその幅が非常に大きいのが現実として存在しますが、忘れてはいけないことは「値段が高いタイヤはそれだけ性能も高く、寿命も長くなるように設計されている」ということです。

自分が乗っているバイクの状況や運転頻度などをしっかりと確認して、決して安いからという理由だけでタイヤを選ぶのではなく、そのバイクに合ったタイヤを慎重に選ぶことが非常に重要なことなのです。

バイクのタイヤ交換の工賃について

バイクのタイヤ交換の工賃について

バイクのタイヤ交換は、オートバックスやオートバイ専門店に依頼すれば交換してもらうことができます。

その工賃は一般的には2,000円から5,000円くらいが相場となっています。

意外と高く感じるかもしれませんが、実はバイクのタイヤ交換は自動車のタイヤ交換よりも難しいことがほとんどなのです。

自動車のタイヤ交換の場合は、ジャッキアップするだけで行うことができます。

それと比較すると、バイクのタイヤ交換はブレーキを外したりシャフトを外したりと非常に多くの工程があるのです。

また、オフロードバイクなどに至ってはチューブタイヤを装着していることがほとんどです。

そのため、そのチューブを破かないように対処していかなければならないということになるためさらに多くの手間がかかります。

バイクのタイヤ交換の工賃は、それだけの技術料と保証料と考えておくことが非常に重要だということを認識しておく必要があります。

タイヤの値段と合わせるとタイヤの値段にもよりますが、トータルの費用としては、片方で10,000円、両方で20,000円見とけば良いと思います。

バイクのタイヤ交換のタイヤ持ち込みについて

以前は、タイヤ交換を行ってくれるお店でタイヤを買うことが一般的でした。

しかしバイクのドライバーはこだわりが強くタイヤにもこだわりがある人が多いことや、インターネットショッピングを用いて、同じタイヤでも安く購入できることが多くなってきたことからタイヤを持ち込んで修理だけ依頼できるようなお店が増えてきました。

工賃が通常のもの(お店で購入したタイヤと交換する場合)に比べると割高に設定されていることがほとんどです。

また、持ち込んだタイヤによっては作業自体をお断りされることもあります。

これは、自分のお店で扱っているタイヤならば知識も豊富にありますが、そうでないタイヤに対しては安全性が保証できないという面があると考えられます。

工賃には、保証料という側面があるということは先述したとおりです。

そのため、作業できないタイヤもあるのです。タイヤを持ち込む際には、事前にお店に確認を取っておくことをおすすめします。

 

まとめ

原付バイクなどに乗っている人はタイヤ交換をあまり気にかけていない人が多いと思いますが、タイヤがすり減っていると事故につながってしまうため早めの交換をしましょう。

どうしてもタイヤ交換の費用を抑えたい方は、ネットなどにある中国産の格安タイヤでも良いですが、口コミやレビュー等をしっかり確認して、自己責任で買うようにお願いします。

ぜひ参考にしてみてください。