250ccバイクの最速は?現行車で比較してみた!【2018年】

車検がいらない250ccバイクの人気は年々高まっています。

そこで今回は250ccバイクの現行車で速いバイクを紹介したいと思います。


CBR250RR

CBR250RR
出典:CBR250RR

世界のホンダが満を持して投入したCBR250RRです。

エンジンは水冷並列2気筒DOHC、最大出力38PSは250cc最強を誇ります

また、250cc初となる電子制御スロットル、エンジン特性「comfort」「sport」「sport+」の3段階に切り替えられるライディングモードを搭載するなど、大型バイク顔負けの機能が装備されています。

デザインはスポーツタイプらしい戦闘的な見た目だけではなく、空気抵抗が低減されるよう計算されています。

 

Ninja 250

Ninja 250
出典:Ninja 250

水冷並列2気筒、先日発売された2018年モデルは最高出力37PSを叩き出します。

先代のNinja 250Rは長らく低迷していた250ccバイクにおいて、人気の火付け役となりました。

漢、カワサキといわれるだけあって、いかにも強そう、速そうなスタイルです。

ちなみに漢、カワサキといわれるようになった所以ですが、昔のカワサキのバイクは非常に癖が強く、まっすぐ走らない、止まらない、と扱いにくかったことから来ています。

ですが、現在のカワサキはそんなことは無いのでご安心してください

スリッパークラッチシステムを搭載しており、急激なエンジンブレーキを軽減させ、タイヤロックなどによる転倒を防いでくれる優しい1台です。

 

YZF-R25

YZF-R25
出典:YZF-R25

水冷並列2気筒DOHC、最高出力はCBR250RR、Ninja 250にわずか及ばず、36PSです。

ですが、発売当初はぶっちぎりの1位だっただけに速さは決して見劣りしません。

デザインのヤマハと言われるだけあって非常にまとまっており、限定色も存在します。

毎日乗れることを想定して開発されたため、速さの中にも扱いやすさがあり、気軽に走ることができます

セパハンですが、キツイ前傾ではなく、体勢に無理がありません。

CBR250RRと比べ、はるかにリーズナブルで手が届きやすい点もメリットです。

通勤、通学に使いたい、速さも欲しいという方にはピッタリ1台です。

番外編おすすめバイク「VTR」

VTR
出典:VTR

私がおすすめする250ccバイクは、ホンダのVTRです。

カウルのないネイキッドバイクと呼ばれるもので、水冷V型2気筒、最高出力は30PSです。

カウルが付いているのが好みならば、VTR-Fというモデルもあります。ドコドコと高回転型エンジンとは違った音に惹かれます。

バイク便で20万キロ以上走ったものもあり、耐久性が非常にあることから、スーパーカブ250とも呼ばれます。

また、取り回し、操作性が良いことから初心者にも扱いやすいバイクです。

ジムカーナに使用されることも多く、ベテランライダーからも支持されています。決して速いわけではないですが、高速から街乗りまで苦手なところがなく、オールマイティーに乗れる1台です。

 

まとめ

現行車で速い250ccバイクを3台とおすすめ250ccバイク1台を紹介しました。

スピードを求めるのであれば、バイクの性能ももちろん重要ですが、ライダーの腕も変わらないくらい重要ですので、あまりスピードが出るバイクにこだわらない方が良いです。

実際にスピードを出せるところも少ないですし、何よりとても危険です。

スピードを出す際は十分注意して運転しましょう。

ぜひ参考にしてみてください。