原付のおすすめ防寒グッズを紹介!8つの対策で冬を乗り切る!


寒くなってくると、原付バイクに乗るのが億劫になってきます。

そんな状況の中、雪や雨が降っていたらさらに気持ちが下がります

でも、通勤・通学の手段が原付しかないから、乗らないといけない人もたくさんいます。

しかし、少しのグッズとアイデアでそんな寒い冬でも、快適に原付に乗ることができるようになることができます。

誰でもできる簡単にできる冬の防寒対策をご紹介します。

 

防寒グッズ〜服装編〜

上着

上着は、コートよりもダウンジャケットの方が、隙間も少なく、風の侵入を防げるので、ダウンジャケットが良いです。

フードはフード無しのほうが風でパタパタならないので、オススメです。

特に寒い日は、ダウンジャケットの下にセーターを着ればOKです。

 

■おすすめはこちら

 

手袋

軍手や毛糸の手袋は風が侵入するので、やめましょう。

本格的なバイクの手袋でなくても、ポリエステル製の安物でOKです。

それでも寒い場合は、軍手の上からその手袋をつけて2枚重ねにすれば大丈夫です。手汗などでの臭い対策にもります。

ただ、関節が曲がらなくなるほど、ぎゅうぎゅうになると、ブレーキがかけにくくなるなど事故の原因になるので、注意しましょう

 

■おすすめはこちら

 

ネックウォーマー

首を暖かくし、首元からの風の侵入を防ぐネックウォーマーは必須です。

ディスカウントストアで数百円で売っている安物でも十分に効果があります

マフラーの使用は、走行中にマフラーが引っかかり危険なのでやめましょう。

 

■おすすめはこちら

 

寒さ対策で、一番重要なのは足元です。

デニムなどの上から、ポリエステル製のズボンをもう1枚履くことをオススメします。

それが難しい方は、ヒートテックのタイツなどを履くとよいでしょう。

 

■おすすめはこちら

 

靴下

靴を、冬用のブーツなどにすると良いのですが、なかなかそこまでするのは難しいです。

靴下は、くるぶし丈ではなくロングソックスにしましょう。2枚重ねて履いてもOKです。

冬用の厚手の靴下だと、さらに良いです。

 

■おすすめはこちら

 




防寒グッズ〜原付編〜

原付グッズ防寒対策

ヘルメットや原付をカスタムできる、原付グッズで出来る防寒対策です。

 

ヘルメット

間違いなく、フルフェイスにしましょう

フルフェイスを持っていないという方は、イヤーパッド、マスクをつけると良いです。

耳、口、鼻を風から守れるのでオススメです。

 

■おすすめはこちら

 

ハンドルカバー

よく、おばちゃんの原付についているやつです。

値段も安く、風を遮断してくれるので、オススメです。

 

■おすすめはこちら

 

ウィンドスクリーン

こちらも、よくおばちゃんの原付についているやつです。

値段も安く取り付けも簡単です。

風を遮断してくれるので、オススメです。

 

■おすすめはこちら

 

防寒対策のまとめ

寒い冬でも、防寒対策をしっかりすることで、快適に原付に乗ることができます

安いものでもしてるとしてないでは、全然違います。

寒さで風邪をひいたり、運転が思うようにいかず、事故を起こしたりすれば元も子もありません

ぜひ、お試しください。

 

■合わせて読みたい

冬の原付運転に注意!雪や路面凍結?エンジンがかからない?

次の記事へ↓

コメントを残す