原付の任意保険の値段と相場は?コンビニで申し込み可能?

原付バイクに乗るには、自賠責保険には必ず加入しないといけませんが、任意保険は文字通り任意での加入です。

自賠責保険があるからいいだろうと考えている人もいらっしゃいますが、万が一事故を起こした時のことを想定すると、任意保険の加入は原付バイクに安心して乗るためにとても重要です。

そこで、任意保険の補償内容や値段と相場などについてご紹介します。


任意保険の値段と相場は?

原付バイクの任意保険の入り方には大きく分けて2つあり、ファミリーバイク特約に入るか原付バイク単独で任意保険に加入するかにわけられます。

 

ファミリーバイク特約の値段と相場

ファミリーバイク特約は125cc以下の原付バイクやミニバイクに専用的な特約であり、原付バイクを運転する人かその同居家族が、自動車の任意保険に加入している時につけることができる特約です。

また、原付を運転する人が別居の状態でも、その人が婚姻歴のない未婚の子である場合に親が自身の自動車保険に特約を付けることができるようになっています。

ファミリーバイク特約の保険料は、加入している自動車保険によって異なりますが、年間7000円から高くても3万円くらいが相場といわれています。

 

■合わせて読みたい

原付単独での任意保険の値段と相場

ファミリーバイク特約ではなく、原付バイクの任意保険に単独で加入する場合には、等級制度がありますので、初めて乗るという場合には割引はそれほど大きくありません。

年齢条件という仕組みもありますので、年齢が21歳未満であれば、全年齢対象となり保険料は月額9,000円、年額だと10万円程度が相場になります。

21歳以上になると、値段は半額程度の月額5,000円、年額だと6万円程度になります。

そのため、ファミリーバイク特約を利用するのは保険料が安いという点で、とてもメリットがあります。

 

一括で複数の保険会社を見積・比較できるサービスがおすすめです。

インズウェブバイク保険見積りサービス

任意保険の補償内容は?

原付の任意保険の費用はいくら

任意保険の加入タイプは自損傷害タイプと人身傷害タイプに分けらており、加入タイプにより保証内容は違ってきます。

自損傷害タイプは、対人・対物事故の賠償と自損傷害事故が賠償されます。

人身傷害タイプは、対人・対物事故の賠償と人身傷害事故が賠償されます。

対人・対物事故の補償内容は、運転中に事故を起こして他の人を死傷させてしまったり、他の人の所有している物を破損させた時の損害賠償責任を負う場合に保険金が支払われるようになっています。

自損傷害事故の賠償と人身傷害事故の賠償の違いは、自身へのケガの補償であり、自損傷害事故は自分に100%過失があった場合のみ補償、人身傷害事故は自分に100%過失があった場合ももちろん、相手にも責任がある場合にも補償されます。

人身傷害タイプの方が安心できますが、その分値段も高くなります。

 

任意保険申し込み方法について

ファミリーバイク特約の申し込み方法については、特約を追加して自動車保険契約を変更するという形で申し込みができ、手続きもそれほど大変ではありません。

一般的には、保険の契約者が電話をかけ、ファミリーバイク特約を追加したいという旨の申し込みを行うことで受け付けてもらえることができます。

その時には、いつからファミリーバイク特約が有効になるかをきちんと確認しておきましょう。

原付バイク単独での任意保険の申し込み方法は、一般的には、インターネットからの申し込みが主流になります。

インターネットで無料見積もりができるので、複数の保険会社で自分が納得のいく保険会社にそのままインターネットで申し込めるようになっています。

原付の任意保険はコンビニで申し込み可能?

原付の任意保険はコンビニで申し込み可能?

結論から言うと、任意保険はコンビニで申し込みすることはできません。

コンビニでは任意保険の申し込みはできませんが、自賠責保険の加入は可能です。

任意保険の場合は、契約内容や値段が年齢や免許証によって変わってきますので、きちんと保険会社と話し合った上、契約しなければならないからです。

 

■合わせて読みたい

任意保険についてのまとめ

原付バイクの任意保険は、自分は事故を起こさないと思っていても、万が一の事故に備え、原付に安心して乗るためにも、加入をしておくことをおすすめします。

自動車保険に加入している家族がいる場合は、ファミリーバイク特約の方が、任意のバイク保険よりもよりお得な保険料になっているので、値段を抑えることができます。

しかし、長く原付バイクに乗ることを考えている方は、任意保険の方が安く済む場合もあるので、原付バイクを使用する年数を考えてしっかりと検討してください。


コメントを残す