バイクの知識

大型バイクのオイルはどれを使えばいい?おすすめを紹介!

バイクのメンテナンスは、定期的ねメンテナンスを欠かす事が出来ません。

特に高出力の大型バイクのエンジンは、エンジンに合ったオイルを使用する事で本来の性能を十分に発揮する事が出来ます。

現在は、様々なエンジンオイルが販売されておりますが、大型バイクの為にはどの様なエンジンオイルを選ぶ事が必要なのかを考えて見ましょう。

スポンサーリンク

大型バイクのオイルはどれを使えばいい?

昔に比べ圧倒的に数が増えた大型バイクは、そのパワーが大きな魅力です。

しかし、大型バイクのエンジンに欠かす頃が出来ないエンジンオイル選びは、多くの種類が有る為ユーザーにとっては悩みの種とも言えます。

そこで、大型バイクの為のエンジンオイルの選び方について理解しておきましょう。

 

エンジンオイルの役割

エンジンオイルは、エンジン内部の

  • 潤滑
  • 冷却
  • 防錆
  • 洗浄
  • エンジン内部の密封

などの役割が有ります。

その為、エンジンオイルは人間の血液と同じで大変重要な役割を担っている事を理解しておく必要が有ります。

特にエンジン内部は、シリンダー内で常に爆発が起こっており、その爆発で上下するピストンやシリンダーは常に高温と金属同士の摩擦が発生しております。

その為、エンジンオイルの役割がとても重要になります。

スポンサーリンク

エンジンオイルの種類の選び方

そんなエンジンオイルは大きく分けると鉱物油のエンジンオイルと、化学合成油のエンジンオイル、更に部分化学合成油の3種類に分類できます。

 

鉱物油

鉱物油は原油から作られるオイルで価格が安いと言うメリットが有る反面、オイル性能の劣化が早い為、大型バイク等の高出力のバイクにはお薦めが出来ません。

 

化学合成油

一方、化学合成油は、鉱物油と同じく原油が原料になっている物の、エンジンオイルを精製する工程で原油に含まれる様々な不純物が取り除かれたエンジンオイルで、エンジン内部の保護や洗浄力の強化、エンジンの始動性や燃費の向上、更にエンジンの耐熱性能を向上させる効果が有り、大型バイクの様な高出力エンジンに使用するエンジンオイルとしては最適と言えます。

但し、一般的な鉱物油のエンジンオイルに比べると価格が高いと言うデメリットも持っております。

 

部分化学合成油

更に、鉱物油のエンジンオイルと化学合成油のエンジンオイルの中間的な部分化学合成油は、鉱物油と化学合成油を混ぜ合わせ作れるエンジンオイルで、コストと性能の両立を考えたエンジンオイルと言えます。

しかし、化学合成油のエンジンオイル程の高性能では無い事から、高出力の大型バイク用のエンジンオイルには向かないと言われております。

 

これらの事から、大型バイクのエンジンオイルに最も適しているのは、化学合成油のエンジンオイルであると言う事が出来ます。

スポンサーリンク

エンジンオイルの粘度の選び方

又、これらのエンジンオイルの性能を左右するのが、ベースのオイルに配合される添加物です。

添加物を配合する事で、エンジンオイルの粘度を変える事が出来ます。

エンジンオイルは、熱によって粘度が変化して行きますが、高温にさらされるエンジンオイルは、サラサラの状態に変化します。

しかし、余りにサラサラになり過ぎてしまったエンジンオイルでは、エンジン内部の摩擦が増えてしまい最悪の場合はエンジンの破損に繋がる恐れが有ります。

この事から、大型バイクのエンジンによって適した粘度を持つエンジンオイルを使用する事が大切です。

 

エンジンオイルの選び方

この様なエンジンオイルを選ぶ場合、基本的にはバイクメーカーが推奨するエンジンオイルを使用する方法が最も無難な選び方で有ると言えます。

各バイクメーカーは、自社の開発したバイクのエンジンに最も適したオイルを選び、エンジン開発を行っている為です。

しかし、各バイクメーカーの推奨するエンジンオイルでは納得いかない方の場合は、モータースポーツ界でも使用されるエンジンオイルを試して見る方法も有ります。

特にお薦めと言えるエンジンオイルとしては、カストロールやモチュールと言ったモータースポーツ界で多く使用されるエンジンオイルです。

これらのエンジンオイルは、化学合成油のエンジンオイルとして知られており、様々なモータースポーツシーンでその信頼性も実証されている事から、ご自身の大切な大型バイクのエンジンオイルとして安心して使用する事が出来ます。

 

大型バイクにおすすめのエンジンオイル

あなたのバイクに適合するエンジンオイルを調べてみましょう。

 

 

 

 

※年式、マイナーチェンジ、カスタム等でエンジンオイルが合わない場合があります。
 あくまで参考としてお使いください。

 

まとめ

パワーが有る大型バイクのエンジンオイルには、化学合成油のエンジンオイルがお薦めで有る事が理解出来ます。

一般的には、バイクメーカーが推奨するエンジンオイルで十分機能を果たす事が出来ますが、ご自身の使用状況に応じてより高性能なエンジンオイルを選択する事も出来る為、モータースポーツ界でも名の知れているエンジンオイルを試して見る事も検討して見ましょう。

-バイクの知識
-,

Copyright© 原付.jp , 2020 All Rights Reserved.