修理・メンテナンス

バイクのオイル交換をしないとどうなる?忘れていたら大変なことに!

バイクに乗っていたら、オイル交換をしなければならないのですが、交換時期を忘れてしまい、交換せずに乗りつづけてしまうことがよくあります。

中には、オイル交換を一回もしないで乗りつづけてしまう人もいます。

オイルはとても重要な役割をしており、交換しないでいるとバイクに影響し故障の原因になります。

そうならないためにも、オイルの役割としなかった場合にどのようなことが起こるのかを確認したいと思います。

スポンサーリンク

オイルの役割は?

まずエンジンというものは、その中にある「ピストン」というものがもの凄い速さで上下しています。

このピストンの運動を利用してバイクは走ることができます。

そして、オイルの役割は、心臓ともいえるエンジンを助けるためにあります。

オイルがエンジンにもたらす効果は、大きく分けて5つあります。

・潤滑作用の役割

オイルによって、エンジン内部の金属の摩耗が減り、滑らかに動くことが出来ます。

・洗浄作用の役割

溜まる鉄粉などの汚れをオイルが含んでいくので、エンジンの中を綺麗に保てます

・密封作用の役割

シリンダーの中のピストンやピストンリングを隙間なく密封してくれます。

これによって、ピストンの力が滑らかに保てます

・冷却作用の役割

エンジンの持つ熱を冷やしてくれます

・錆を予防する役割

エンジンの中で発生する水分が、錆の原因にならないように膜を張って防いでくれます

 

このように、オイルはエンジンにとってとても重要なものということがわかります。

スポンサーリンク

オイル交換を忘れていたりしないでいるとどうなる?

オイル交換を忘れていたりしないでいるとどうなる?

もし、あなたがオイルを交換しなかったら、上記にあげた役割がされないでいるということになるのです。

5つの役割を紹介しましたので、それぞれに当てはめていきます。

・潤滑の役割

オイル交換をしないでいると、単純に潤滑しているオイルが減ってしまいます。

つまりはスムーズにピストンが動いてくれないことを意味します。

そのため、エンジンのパワーが落ちたり、エンジンの部品を磨耗しダメにしてしまいます

・洗浄作用の役割

オイル交換をすると分かりますが、交換した時にいれた綺麗なオイルは汚れています。

これはオイルが、出てきた鉄粉などを含んでくれたおかげです。

汚れの具合にもよりますが、オイルが鉄粉などを含んでくれるには限界があるということです。

そして、汚れが溜まることによって、エンジンのパワーが落ちてしまいます

・密封作用の役割

当然減ったオイルにより隙間があいたのでは、本来のエンジンが持つパワーは落ち性能は発揮されません

・冷却作用の役割

オイルが減り、冷ます役割に欠けるので、高温になってしまいます。

その影響で、中の部品が変形したりエンジンが焼き付いてしまいます

・錆を予防する役割

水分により錆が発生し、部品をダメにしてしまいます

 

つまり、オイル交換をしないでいると、エンジンのパワーが落ちるだけでなく、エンジンそのものをダメにしてしまう可能性があります。

スポンサーリンク

オイル交換の頻度や費用は?

オイル交換の頻度やそのタイミングについてですが、実際にどのくらい走るかは、人それぞれで個人差があります。

また、ツーリングなどを楽しむ距離もそれぞれ違うでしょうし、季節によってもその走行距離は違ってきます。

一般的には、3,000km毎がオイル交換の目安となる距離と言われています。

でも、あまりに乗る状態があいてしまった場合は別です。

オイルは時間が経てば劣化してしまいますので、3,000km走行していない場合でも、半年ごとには交換することを推薦します。

 

オイル交換の費用については、オイルの値段にもよって様々ですが、一般的なオイルの場合は、原付の場合は、1,000円〜2000円程度、400cc以下の場合は1,500円〜3000円程度、400ccを超えるバイクであれば2,000円〜4,000円程度かかります。

お店にしてもらう場合は、上記の値段に工賃としてプラス1,000円〜2,000円程度かかるのが一般的です。

 

まとめ

オイルはエンジンを助ける重要な役割を果たしています。

オイル交換をしないでいると、エンジンのパワーを落とすだけではなく、エンジンを故障させてしまう原因になります。

エンジンは故障してしまえば、修理代がとても高くなってしまうので、注意が必要です。

オイル交換は一般的には3,000km毎、長くても半年ごとに交換することを推薦します。

忘れやすいオイル交換ですが、とても大切なことですので、忘れないように気をつけましょう。

-修理・メンテナンス
-,

© 2020 原付.jp