バイクの知識

原付の廃車方法は?手続きに必要な書類や持ち物とは!

通勤時や買い物に行かれる時などに便利な原付バイクを買い替えを考えたり、

原付のバイクに乗らなくなった時には、処分をされる方も多くいらっしゃいます。

適切な処分の仕方を知って、バイクを手放すことが重要となります。

スポンサーリンク

廃車とは

普段乗っている原付バイクが不要になったり、他人に譲る際に必要な手続きのことを言います。

乗らないからと言って普通のゴミ出しとは違うので、正規な場所で処分をすることが大切になります。

また、廃車手続きをすることによって、原付バイクにかかる税金を払わなくてよくなります

保険など税金がかかってきますので、更新前に廃車の手続きを行う方も多いです。

 

バイクショップでもできる

他の方に譲ったりする時には、自分自身で廃車の手続きを役所で行うことが必要になりますが、バイクショップに廃車をしてもらうと、

面倒な手続きも行ってくださいますので、廃車手続きをしてもらう方が比較的多くいらっしゃいます。

しかし、廃車手続き代として3千円から1万円ほどかかります。

 

■名義変更について知りたい方はこちらの記事もご覧ください。

原付の名義変更の手続き方法!費用や必要書類、自賠責は?

原付バイクを友人や知人に譲る、あるいはネットオークションやフリマアプリに出品して、 購入者に譲るなどの場合、どのような手続きが必要なのでしょうか。 では、その必要な手続きの手順をご紹介していきます。 ...

続きを見る

廃車手続きに必要な書類や持ち物

  • ナンバープレート
  • 標識交付証明書
  • 廃車申告書
  • 印鑑

が必要になります。

標識交付証明書とは、原付バイクを購入した際にもらっている書類です。

廃車申告書は役所に置いてあるので、記入すれば良いです。

スポンサーリンク

原付の廃車手続き方法

廃車手続きをする場合は、上記のものを用意し、登録した地域の役所に持っていきましょう。

あとは案内されるので、それに従って進めれば、廃車証を受け取ることができます。

注意したい点が、廃車にするには、場所によって違いますが、所有者が本人でないと出来ないようになってます。

ココに注意

原付バイクを購入する時に、ローンで購入された方は、所有権が購入した店舗になっていることが多く、

バイクの車検証にも所有者が本人ではないことがありますので、ローンが残っている方はもちろんのこと、

完済された方も廃車をする時には十分に注意することです。

不要になって処分をしたい時には、所有権を解除する方法もありますが、

ローンが残っている場合には、解除をすることが出来ないので注意が必要です。

 

まとめ

原付バイクは、始めのうちは嬉しくて毎日乗って楽しんでいる方も多いかと思いますが、

原付バイクであっても維持費がかかることから、手放すことを考えなければいけない現実に的当たりになる方もいらっしゃいます。

しかし、原付を処分する際に、どのようなことが必要なのかという点で、

把握されていない方もいるので、今は、処分することがなくてもいずれは、そういった場面に出くわすこともあるので、

自分なりにどういった方法で原付バイクを処分するのかを明確にしておくことが大切です。

原付は自転車が乗れれば、簡単に乗ることが出来る乗り物なので、家庭に一台は所有されている所も多いです。

地球環境を綺麗にするためには、乗り捨てはせずに、まだ十分に乗れるのであれば、友人に安く買ってもらったりして、

処分することを考えてみるといいです。

バイクというものは、乗り方が丁寧の方であれば寿命も長くなることが多いです。

-バイクの知識
-,

© 2021 原付.jp