法律・免許

原付二種免許の一発試験の難易度は?手順や持ち物を紹介!

原付のように速度や二段階右折の制限がない原付二種はとても人気があり、取得しようと考えている人は多いと思います。

しかし、原付とは違い自動車教習所に通って取得するのが一般的で通う手間がかかるのですが、

教習所に通わずに免許を所得できる一発試験も行われています。

今回はその一発試験の難易度や手順はどのようなものかを紹介します。

スポンサーリンク

原付二種免許の一発試験の難易度は?

一発試験の難易度は、かなり高めです。

年によって異なりますが、原付二種免許(MT:マニュアル)の合格率は5~10%程度が多く、高い年でも20%未満です。

平均受験回数も大体10~20回になっています。

原付二種免許(AT:オートマ)の合格率は、大体MTより高く、10~30%程度になっています。

平均受験回数もMTより少なく、3~7回程度です。

スポンサーリンク

原付二種免許の一発試験を受ける手順は?

一発試験では、すべての試験が受験日当日に行われます。

事前の予約などは基本不要で、当日窓口で手続きを行います。

基本的に受付は平日で、時間厳守です。

 

持ち物

必要なものは、

  • 既に取得済みの免許証があればその免許証
  • 証明写真(証明写真は、試験場で撮影もできます。)
  • お金

が必要です。

費用として、手数料が4400円(試験料3300円、車両使用料1100円)必要です。

ヘルメットとグローブは貸し出ししているところが多いと思いますが、

貸し出しいていない場合もありますので、その場合は必要になります。

 

試験の流れ

まず、視力・聴力などの適性検査が行われ、次に学科試験が行われます。

学科試験は、普通免許(四輪)の所持者は免除されます。

そして最後に、技能試験(一発試験)が行われるという手順になっています。

一発試験では、受験者は一人ずつ、

  • クランク
  • S字
  • 一本橋

などのあるコースを走らされます。

スポンサーリンク

原付二種免許の教習所に通う場合の時間や費用は?

原付二種免許(MT)を取得しようとする多くの人は、一発試験を受けるのではなく、教習所に通う方法を選択します。

 

時間

免許を持っていない場合は、

  • 学科教習が26時間
  • 技能教習が12時間

あります。

普通自動車免許を所有している場合は、

  • 学科教習が1時間
  • 技能教習は10時間

になります。

原付二種免許(AT)の場合は、技能教習が8時間になります。

 

費用

費用は、教習所によって異なりますが、

MTで10~12万円程度、ATはそれよりも1万円程度やすくなります。

普通自動車免許を所有している場合は、7~8万円程度で済みます。

 

卒業までの最短時間は?

教習所に通う日数は、一日に受講できる教習時間に左右されます。

これまでは1日に最大3時間の技能教習しか受けることができませんでしたが、2018年からは最大4時間受けることができるようになりました。

つまり、最短で二日で技能教習を修了することが可能です。

卒業のための卒業検定の日も必要なので、学科教習が免除されている場合は、最短三日が必要になります。

 

まとめ

このように、原付二種免許を一発試験で取得するのは、教習所に通うよりも簡単に取れそうなイメージがあるかもしれません。

確かに一回で一発試験を合格できれば楽ですが、逆に10回も20回も一発試験に落ちるのが平均なので、

場合によっては教習所に通うよりも大変かもしれません。

-法律・免許
-,

Copyright© 原付.jp , 2020 All Rights Reserved.